D・コスタ告白…「アトレティコに復帰できなかったらブラジルに帰っていた」

コメント()
Getty

昨季にチェルシーからアトレティコ・マドリーに復帰したFWジエゴ・コスタだが、アトレティコ以外に移籍する考えはなかったようだ。

昨夏、当時にチェルシーを率いていたアントニオ・コンテ監督から戦力外通告のメールが届き、古巣アトレティコに復帰するべく動き出したD・コスタ。チェルシーのプレシーズンに参加せず母国ブラジルにとどまって事態が解決するのを見守り、結局チェルシーが折れる形で9月に21日にアトレティコ復帰が決まった。

D・コスタはスペイン『マルカ』とのインタビューで、この移籍劇について振り返った。スペイン代表FWは、もしアトレティコに復帰できなかった場合には、そのままブラジルにとどまる考えであったことを明かしている。

「かなり厳しい時期だったが、自分の責任ではないんだ。人々は色々なことを話していたけど、結局、時間が解決することになった。チェルシーの振る舞いがひどかったために、悪い形で退団することになってしまった」

「チョロ(ディエゴ・シメオネ監督)はもっと直接的で、望まない選手の退団を難しくすることはない。でも、あそこ(チェルシー)は逆だった。タイトルを獲得した後、自分はいらないというメッセージを送りつけられた。そしてアトレティコ復帰の可能性が浮上すると、彼ら(チェルシー)はBチームと一緒に練習しろと言ってきた……」

「ほかにもオファーを受け取っていたが、自分にはアトレティコに戻るという明確な意思があった。そうならなかったら、ブラジルで自分の家族と一緒に生活し続けただろう。金では買えない価値というものがあるんだ」

その一方で、バルセロナから誘われながらもアトレティコ残留を決めたFWアントワーヌ・グリーズマンにも触れている。

「僕の身に起きたように、周囲には『変化』が必要だと言ってくる人間もいる。でも彼は心からここに残ることを望んだ。もちろん、バルサからのオファーは重要なものだ。メッシやバルセロナというクラブのことを考えれば……、期待が膨らむのは当たり前だろう。だけどアトレティコもビッグクラブであり、彼はここのリーダーなんだよ」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ユーヴェ指揮官、C・ロナウドのPK失敗に「実は朝の練習でも失敗だったんだ」
次の記事:
「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める
次の記事:
昌子源が公式戦2試合連続フル出場…トゥールーズが延長PK戦を制しフランス杯16強進出
次の記事:
カタールからの関心も、中島翔哉の選択肢はあくまで欧州のみ…本人が明言
次の記事:
未だ行方不明のカーディフFW…古巣ナント指揮官ハリルも悲痛「最悪の事態だと思われる」
閉じる