CLベスト8敗退のシティ…ペップは退席処分に不満「『あれはゴールだ』と言っただけ」

コメント()
Getty
リヴァプールに2試合合計1-5でチャンピオンズリーグ・ベスト8敗退となったマンチェスター・シティ。グアルディオラ監督は、判定へ不満を述べた。

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、退席処分について言及。審判への不満を覗かせた。

10日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、リヴァプールと対戦したマンチェスター・C。敵地でのファーストレグは0-3で落としていたため、逆転突破のためには3ゴール以上が必要な状況で、本拠地「シティ・オブ・マンチェスター(エティハド・スタジアム)」での一戦に臨んだ。

開始2分で先制ゴールを奪い、望みを繋いだマンチェスター・Cだったが、57分にFWモハメド・サラーに決められ失点。さらに77分にはミスから追加点を許し、2試合合計スコア1-5でベスト8敗退となった。

ハーフタイム中の審判への抗議で退席処分となっていたグアルディオラ監督だが、試合後にそれについて問われると、前半終了間際にFWルロイ・サネがネットを揺らした場面について言及しつつ、判定への不満を覗かせた。

「私はゴールだと言ったんだ。ハーフタイム前に1-0と2-0は全く違う。アンフィールドで、サラーが最初のゴール時にオフサイドだったのとは違う。そして、ガブリエウ・ジェズスはオンサイドだった。これは試合に大きな影響を与えた。リヴァプールにはおめでとうと言いたい」

「審判を侮辱などしていないよ。私は『あれはゴールだ』と言っただけだ……彼(マテウ・ラオス主審)のことはスペイン時代から知っている。なので、想像はできたよ」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる