C・ロナウド、メッシ、モドリッチ、サラー…過去12カ月の世界中の個人賞をチェック!

最終更新
コメント()
昨年の『Goal 50』の覇者はC・ロナウドだ。それから1年が経過し、各連盟の最優秀選手をチェックしよう。

約1年前、またしてもクリスティアーノ・ロナウドが『Goal 50』のトップに輝き、2017年の地球上で最も素晴らしいサッカー選手に選ばれた。しかしながら、あの歴史的快挙の後、サッカー界は変わった。ポルトガル代表のスーパースターは、ワールドカップでベスト8にしか残れず。そして今夏レアル・マドリーからユヴェントスへと移籍していった。

ロシアW杯のトロフィーを掲げたのはフランス代表であり、C・ロナウド最大のライバル、リオネル・メッシもまた、準々決勝の舞台に届かなかった。これにより、新たな選手たちが次々とスポットライトを浴びることとなったが、メッシとC・ロナウドもクラブレベルでは活躍をつづけており、それぞれ、ラ・リーガとチャンピオンズリーグ(CL)を制した。これらの栄冠により、メッシとC・ロナウドはクラブレベルでいくつかの個人賞を受賞している。

レアルのCL制覇は、ルカ・モドリッチにとっても良いニュースだった。さらに、モドリッチは国際舞台でも素晴らしい活躍を続けており、クロアチア代表でのプレーが評価され、ロシアW杯でゴールデンボール賞(最優秀選手賞)を受賞した。また、W杯最優秀若手選手賞を受賞したのはキリアン・ムバッペ。リーグ・アンでの2シーズン目の活躍により、欧州のゴールデンボーイ賞と、リーグ・アンの年間最優秀若手選手賞を受賞した。


世界での各賞受賞者一覧


Luka Modric Kylian Mbappe World Cup 2018

モドリッチとムバッペは、ワールドカップの2大個人賞を受賞した。大会の最優秀GKに選ばれたのは、ベルギー代表を準決勝に導いたティボー・クルトワ。ベルギー代表は3位決定戦でイングランド代表を破った。しかし“スリーライオンズ”も手ぶらで帰国したわけではない。ハリー・ケインがゴールデンブーツ賞(得点王)に輝いた。

2017年に大活躍したC・ロナウドは、『Goal 50』のほかにバロンドールも受賞したが、2018年FIFA年間最優秀選手に輝いたのはモドリッチだ。なお、2人ともクラブW杯ではトロフィーを掲げている。なお、一般投票によるプスカシュ賞を獲得したのは、リヴァプールのモハメド・サラーがエヴァートン戦であげたゴールだった。

Award Player Team
Goal 50 C・ロナウド レアル・マドリー & ポルトガル
バロンドール C・ロナウド レアル・マドリー & ポルトガル
The Best FIFA 男子最優秀選手 ルカ・モドリッチ レアル・マドリー & クロアチア
The Best FIFA 女子最優秀選手 マルタ オーランド・プライド & ブラジル
W杯 ゴールデンボール賞 ルカ・モドリッチ クロアチア
W杯 ゴールデンブーツ賞 ハリー・ケイン イングランド
W杯ゴールデングローブ賞 ティボー・クルトワ ベルギー
W杯最優秀若手選手賞 キリアン・ムバッペ フランス
W杯ベストゴール賞 ベンジャマン・パヴァール フランス
FIFA クラブW杯ゴールデンボール賞 ルカ・モドリッチ レアル・マドリー
FIFA クラブW杯ゴールデンブーツ賞 C・ロナウド レアル・マドリー
FIFA プスカシュ賞 モハメド・サラー リヴァプール

欧州での各賞受賞者一覧


Lionel Messi Barcelona Golden Shoe

メッシのゴールラッシュにより、バルセロナはまたしてもリーガ制覇を成し遂げた。彼自身もラ・リーガの得点王となり、欧州全体でも最多得点を記録した。それでも、レアルがCLを制したことにより、UEFA欧州最高選手賞に輝いたのはモドリッチである。同大会でゴールデンブーツ賞を獲得したのは、C・ロナウドであった。

レアルはCLの各賞を総なめにし、最優秀GK、DF、MF、FWに選ばれたのはすべてロス・ブランコスの選手たちであった。プレミアリーグで素晴らしい活躍を見せたサラーが、投票によりイングランドにおける最優秀選手に選ばれ、リーグ・アンの最優秀選手には、後半戦はケガで棒に振ったものの、パリ・サンジェルマンのネイマールが選ばれている。

Award Player Team
欧州ゴールデンシュー賞 リオネル・メッシ バルセロナ
UEFA 欧州最優秀選手賞 ルカ・モドリッチ レアル・マドリー
欧州ゴールデンボーイ賞 キリアン・ムバッペ PSG & フランス
チャンピオンズリーグ・ゴールデンブーツ賞 C・ロナウド レアル・マドリー
チャンピオンズリーグ・シーズン最優秀GK ケイラー・ナバス レアル・マドリー
チャンピオンズリーグ・シーズン最優秀DF セルヒオ・ラモス レアル・マドリー
チャンピオンズリーグ・シーズン最優秀MF ルカ・モドリッチ レアル・マドリー
チャンピオンズリーグ・シーズン最優秀FW C・ロナウド レアル・マドリー
ヨーロッパリーグ・ゴールデンブーツ賞 チーロ・インモービレ ラツィオ
ヨーロッパリーグ・最優秀選手賞 アントワーヌ・グリーズマン アトレティコ・マドリー
ヨーロッパ U-19 選手権得点王 ジョジョ・フィリップ & フランシスコ・トリンコン ポルトガル
ヨーロッパ U-17 選手権得点王 ヨルベ・フェルテッセン ベルギー
ブンデスリーガ得点王 ロベルト・レヴァンドフスキ バイエルン・ミュンヘン
ブンデスリーガ若手最優秀選手 アミーヌ・アリ シャルケ
エールディビジ年間最優秀選手 ハキム・ツィエク アヤックス
エールディビジ年間若手最優秀選手 マティアス・デ・リフト アヤックス
エールディビジ得点王 アリレザ・ジャハンバクシュ AZ
ラ・リーガ最優秀GK ヤン・オブラク アトレティコ・マドリー
ラ・リーガ ピチーチ賞(得点王) リオネル・メッシ バルセロナ
リーグ・アン得点王 エディンソン・カバーニ PSG
リーグ・アン年間最優秀選手 ネイマール PSG
リーグ・アン年間最優秀GK スティーブ・マンダンダ マルセイユ
リーグ・アン年間若手最優秀選手 キリアン・ムバッペ PSG
プリメイラ・リーガ年間最優秀選手 ブルーノ・フェルナンデス スポルティング・リスボン
プリメイラ・リーガ ブレイクスター選手 ルベン・ディアス ベンフィカ
プリメイラ・リーガ得点王 ジョナス ベンフィカ
プレミアリーグ得点王 モハメド・サラー リヴァプール
PFA年間最優秀選手 モハメド・サラー リヴァプール
PFA年間最優秀若手選手 レロイ・サネ マンチェスター・シティ
セリエA最優秀選手 ジャンルイジ・ブッフォン ユヴェントス
セリエA得点王 チーロ・インモービレ & マウロ・イカルディ ラツィオ / インテル

アフリカでの各賞受賞者一覧


Mohamed Salah Ahmad Ahmad CAF Football Awards 2018

リヴァプールで記録に残る活躍を見せたシーズン中、サラーはアフリカの最優秀選手に選ばれている。1983年にマフムード・アル・ハタビが受賞して以来、エジプト選手としては初の受賞であった。

アフリカ・ネイションズカップとは違い、アフリカネイションズ・チャンピオンシップは、アフリカサッカー連盟主催のアフリカで活躍する選手のみが参加する大会である。今年の優勝国はモロッコで、アユブ・エル・カービが、母国開催の大会で9得点をあげ、大会最多得点数記録を更新。大会最優秀選手賞を獲得し、中国スーパーリーグへの移籍を果たしている。

Award Player Team
アフリカ最優秀選手 モハメド・サラー リヴァプール & エジプト
CAF 若手最優秀選手 パトソン・ダカ リーフェリング & ザンビア
アフリカネイションズ・チャンピオンシップ得点王 マフムード・アル・ハタビ モロッコ
アフリカネイションズ・チャンピオンシップ最優秀選手 マフムード・アル・ハタビ モロッコ
CAF チャンピオンズリーグ得点王 ハミド・アダット アル・ジャディーダ
CAF コンフェデレーションズカップ得点王 マフムード・ベンハリブ ラジャ・カサブランカ

アジア・オセアニアの各賞受賞者一覧


Heung-Min Son

アジア国際最優秀選手賞に選ばれたソン・フンミンは、その後2018アジア大会で韓国代表を優勝に導き、チームメイトのファン・ウィジョが大会の得点王となった。

アジア年間最優秀選手(アジア圏のクラブでプレーする選手)に選ばれたのは、シリア代表FWオマル・フリービーンで、所属するサウジアラビアのアル・ヒラルの国内2冠に貢献した。

チームとしてオセアニアに衝撃をもたらしたのは、フィジーのラウトカで、OFCチャンピオンズリーグの決勝に進出した。しかし、ホーム&アウェイの2試合でニュージーランドのチーム・ウェリントンに連敗を喫している。同チームのアンガス・キルコリィが大会通算8得点をあげ、オークランドシティのエミリアーノ・テイドを上回ってゴールデンブーツ賞に輝いた。

Award Player Team
アジア年間最優秀選手 オマル・フリービーン アル・アハリ & シリア
アジア国際最優秀選手 ソン・フンミン トッテナム & 韓国
アジア若手最優秀選手 イ・スンウ エラス・ヴェローナ & 韓国
アジア大会得点王 ファン・ウィジョ 韓国
AFC チャンピオンズリーグ得点王 バグダード・ブーンジャー アル・サッド
AFC カップ得点王 安日范 4.25体育団
OFC チャンピオンズリーグ最優秀選手 ロワ・カヤラ チーム・ウェリントン
OFC チャンピオンズリーグ得点王 アンガス・キルコリィ チーム・ウェリントン
OFC チャンピオンズリーグ最優秀GK エナウト・ズビカライ オークランド・シティ

北中米の各賞受賞者一覧


HD Keylor Navas Costa Rica

アメリカ代表がまさかの敗退に終わったW杯予選では、コスタリカ代表が躍進。ケイロル・ナバスがCONCACAF年間最優秀選手賞を受賞した。GKであるナバスは、レアルでCL制覇を達成。ロシアW杯では3試合すべてをプレーした。

イタリア人FWセバスティアン・ジョヴィンコは、トロントFCで11ゴールを挙げる活躍を見せた。チームはCONCACAFチャンピオンズリーグの決勝に進出。しかし、メキシコのCDグアダラハラにPK戦の末敗れている。トロントのジョナサン・オソリオがジョヴィンコと同じく4得点を挙げ、大会のゴールデンブーツ賞を獲得した。

Award Player Team
CONCACAF 年間最優秀選手 ケイラー・ナバス レアル・マドリー & コスタリカ
CONCACAF 年間最優秀GK ケイラー・ナバス レアル・マドリー & コスタリカ
CONCACAF チャンピオンズリーグ最優秀選手 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC
CONCACAF チャンピオンズリーグ最優秀得点王 ジョナサン・オソリオ トロントFC
CONCACAF チャンピオンズリーグ最優秀GK ロドルフォ・コタ グアダラハラ
CONCACAF チャンピオンズリーグ最優秀若手選手 ロドルフォ・ピサーロ グアダラハラ
カリビアンカップ・チャンピオンシップ得点王 ステファノ・ライセル インテル・ムーンゴタプー
MLS 得点王 ホセフ・マルティネス アタランタ・ユナイテッド

南米の各賞受賞者一覧


Luan Gremio

2017年11月、グレミアはコパ・リベルタドーレスを制した。決勝戦ではルアンが第2戦で決勝点を挙げ、3度目のタイトルに導いている。得点ランキングではホセ・サンドに1得点及ばなかったものの、最優秀選手賞を受賞し、その後南米の年間最優秀選手に選ばれた。

Award Player Team
南米年間最優秀選手 ルアン グレミオ & ブラジル
コパ・リベルタドーレス得点王 ホセ・サンド ラヌース
コパ・リベルタドーレス最優秀選手 ルアン グレミオ
コパ・スダメリカーナ得点王 ジョン・シフエンテス ウニベルシダ・カトリカ

 

『GOAL 50』は、年に1度、過去12カ月の活躍に基づいて世界から50人のベストプレーヤーを選出し、ランキングするアワードである。世界42国にある『Goal』の編集長や記者たち全員が、選手たちの、前年と比べたパフォーマンスレベルの一貫性、ビッグマッチにおけるプレーぶり、記憶に残る活躍だったかどうか、所属クラブと各国代表での実績を判断し、投票する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
「CL制覇を求めて退団するかも…」元コーチがデ・ヘアの去就に言及
次の記事:
「何とも言い難いですが…」 大迫勇也、流行語大賞候補について言及…南野拓実がゴールを量産しているワケも語る
次の記事:
最終ラインは3枚か、それとも4枚?吉田麻也「現代の3バックはそんなに簡単じゃない」
次の記事:
バイエルン、ラムジー争奪戦に勝利か…フリーでドイツへ?
次の記事:
若きJリーガーのベストイレブンを決める『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD』の開催が決定!!
閉じる