C・ロナウド、アジア移籍は考慮せず…中国クラブの2年260億円の破格オファーを拒否!

コメント()
Getty Images

今夏に9シーズンを過ごしたレアル・マドリーを退団して、ユヴェントスに移籍することが濃厚とされるFWクリスティアーノ・ロナウドだが、欧州のトップレベルで戦い続けること以外は視野に入れていないようだ。

スペイン『マルカ』によれば、C・ロナウドはレアル・マドリー退団に向けて動き出していた2017年に、中国のクラブからオファーを受け取っていたという。そのオファー内容は、年俸1億ユーロ(約130億円)の2年契約という破格のものだったというが、C・ロナウドはまだ欧州の最前線でプレーできるという考えにより、オファーに断りを入れたとのことだ。

なおユヴェントスと個人合意に至っているとされるC・ロナウドは、同クラブと年俸3000万ユーロ(約39億円)の4年契約を結ぶ見込みと報じられている。また『マルカ』曰く、C・ロナウドはキャリアの晩年をアジアではなく、アメリカで過ごすことを計画しているようだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
ファン・ダイク、指揮官との100億超え移籍金についての会話を明かす…救われたクロップの言葉とは?
次の記事:
ムバッペ、レアル・マドリー移籍を否定せず「フットボールの世界では何が起こるかわからない」
次の記事:
コウチーニョ獲得へチェルシーがバルセロナに接触…移籍金として140億円を準備か
次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
閉じる