8カ月ぶり代表復帰の岡崎慎司、連携面に自信も「パっとスッとできるほど簡単なもんじゃない」

コメント()
©Getty Images
約8カ月ぶりの代表復帰を果たしたFW岡崎慎司が、西野ジャパンでの連携面に自信を覗かせた。

日本代表は22日、キリンチャレンジカップカップ2018のガーナ戦に向けた合宿2日目を迎えた。8カ月ぶりに日本代表に復帰したFW岡崎慎司が、連携面で自信を覗かせた。

日本代表は21日から合宿を開始。別メニューではあるものの、岡崎も初日からトレーニングに参加していた。昨年9月のロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦を最後に代表から遠ざかっていた岡崎だが、「どういうフォーメーションでやろうが、戦術でやろうが、お互いのことは理解している」と連携に自信を見せた。

そのうえでW杯に向けて必要なこととして岡崎は「どんな状況に応じても適応できる能力が必要になってくる。いろんなタイプの選手がいるってことは大事になってくる」と説明。その理由として以下のように続けた。

「強いチームと戦うということは、自分たちが我慢しなきゃいけない時間帯もあるということ。繋げないときもあるし、そういうときは融合というか、今までやってきた積み重ねの部分を含めて出さないといけない部分もある。そういう意味では、いろんな選手の存在が必要になってくると思いますけどね」

西野朗監督の下、新たにスタートした日本代表だが、W杯初戦のコロンビア戦まで早くも1カ月を切った。岡崎は「もちろんパっとやってスッとできるっていうほど簡単なもんじゃない」と、難しい状況であることは理解しつつも、「サッカーっていうのは、お互いの特徴、こいつが出ればこういうのがほしいとかそういうのが入った時にすぐにわかるような選手の構成にはなっているので、すごくシンプルにやりやすいのかなとは思います」と不安要素を一蹴した。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる