3点リードを守れず…バルベルデは大逆転負けに茫然「この傷を癒やす特効薬は存在しない」

コメント()
Getty Images
3点リードを守れなかったバルセロナ。大逆転負けでのCL敗退に指揮官のエルネスト・バルベルデは心を痛めている。

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、3点差をひっくり返されての逆転負けにショックを隠しきれない。

10日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、ローマと対戦したバルセロナ。ホームでのファーストレグを4-1で勝利していたため、アウェーでは落ち着いた試合運びでペースを落としてリードを守ったまま逃げ切る展開が予想されていた。

しかし、開始早々の6分にエディン・ジェコに先制ゴールを決められると、58分にはジェラール・ピケがジェコに接触してPKを献上。82分にはコーナーキックからDFコスタス・マノラスにゴールを許して3点のリードを奪われてしまう。

試合はローマが3-0で勝利して2戦の合計スコアで4-4となったが、レギュレーションによりファーストレグでアウェーゴールを奪っているローマの準決勝進出が決定した。

まさかの逆転負けでCLベスト8で敗退してしまったバルベルデ監督は、大逆転劇の主役となったローマの選手を称賛しつつも、衝撃的な敗戦に鎮痛な面持ちだ。

「こんな負け方を受け入れるのは難しいよ。ただ一つ言えるのは、ローマのパフォーマンスが我々を上回っていたということだ。彼らは試合の最初から最後まで力強くプレスをかけていたし、セカンドボールもよく拾っていた」

「我々にとっては最悪の日になってしまったが敗戦に疑問はない。ベストチームにそうでないチームが敗れただけのことだ。痛みをともなう敗戦だが、この傷を癒やしてくれる特効薬は存在しないよ」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる