3失点完敗のナポリ、アンチェロッティは選手の姿勢を問題視「前半をプレゼントした」

コメント()
Getty
ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督は、格下のサンプドリアに敗れた選手のメンタル面を課題としている。

ナポリは2日、セリエA第3節でサンプドリアとアウェーで対戦したが、0-3で完敗した。ナポリ指揮官のカルロ・アンチェロッティは試合終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに対し、敗戦の弁を述べた。

ナポリはシーズン開幕からラツィオ、ミランを相手に逆転で連勝を収めていたが、サンプドリア戦ではFWグレゴワール・デフレルにドッピエッタ(1試合2得点)を許すなど0-3で屈した。アンチェロッティは敗因を分析している。

「これまでの2試合と同じような試合の入り方だったのは明白だった。あのときは状況を覆すことができたが、今日はそれができなかった。後半のインテンシティは高かったが、前半は相手にプレゼントしてしまった」

「開始直後から高いプレッシャーをかけるようにしていたが、対応が遅い時もあった。特に姿勢の問題と言える。正しいタイミングで行えなければ、守備が苦境に陥るのも当然だ。終盤、神経質になることはあり得るが、前半のあの姿勢は問題だ」

ナポリはリーグ戦において、これで合計6失点となった。守備が課題とされるが、指揮官は戦術面での変更を検討していないようだ。

「ゲームの組み立て方やフォーメーションを変える必要はないが、もっと上手く守らなければならない。特に試合の前半は、もっと注意深く集中力を高めなければならない。また両サイドから攻勢を仕掛けるつもりで試合を準備してきたが、サイドバックの活躍があまりなかった。問題はメンタル面、姿勢の問題だ」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「多くの解説者が日本優位と予想するが…」ベトナム指揮官がジャイアントキリングに自信
次の記事:
重傷者が相次ぐアーセナル…エメリは今冬の補強を望む「1人か2人の選手を…」
次の記事:
“2年目の壁”が立ちはだかった伊藤達哉、巻き返しへ熱意…独地元紙「攻撃モードに入った」
次の記事:
ネイマールが右足を痛めて途中交代…トゥヘル「昨年の負傷と同じ右足だから心配」
次の記事:
セビージャがホームでバルセロナに2-0先勝…バルサの国王杯5連覇に黄信号/国王杯準々決勝
閉じる