ニュース ライブスコア
セリエA

28年ぶりスクデットを狙うナポリが優勢?ゾフ氏や伊メディアが指摘する理由とは

18:11 JST 2018/04/24
2018-04-23-napoli
現役時代、ユヴェントスとナポリでプレーした経験を持つディーノ・ゾフ氏は、ナポリの逆転優勝の可能性を指摘する。

元イタリア代表GKディーノ・ゾフ氏が、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組『ラディオ・アンキオ・スポルト』に出演し、スクデットの行方を予想した。

22日に行われたセリエA第34節で、首位ユヴェントスが2位ナポリとの直接対決で敗れ、リードはわずか1ポイントに縮まった。現役時代、ユヴェントスやナポリで活躍したゾフ氏は、古巣の2クラブによるスクデット争いについて自身の見解を示した。ゾフ氏は、追いかける側のナポリが優勢であると考える。

「非常に美しい試合ではなく、激闘だった。ナポリはユーヴェに力を発揮させず、素晴らしかった。ユーヴェは現在、1ポイントのリードで首位に立つ。ナポリの目の前に(平坦な)高速道路が広がっているとは言えないが、たいてい追いついた方が有利になる。ユヴェントスは今回の敗戦から立ち直り、ユーヴェらしいプレーをすることが必須だ。このような敗戦の後は、何らかの問題が発生するので難しい時だと言える」

■順位表ではユーヴェが優位だが…

またイタリアメディア『メディアセット』も、ナポリに分があると指摘。「順位表では、ユーヴェはまだ1ポイントのリードを保ち、同ポイントとなった場合も得失点差により優位に立てる。だがリーグ戦の流れはナポリへと向かっている」と綴っている。22日の首位攻防戦により、「勝利したナポリは更なる自信を得た一方、ユーヴェにはフィジカル面、メンタル面で疲れが目立ち始めた」と続ける。

また熱狂的なサポーターの存在にも注目。「街全体が歓喜し、残りの4試合においてチームのアイドルを鼓舞し、支え続ける」と、1990年以来28年ぶりとなるスクデット獲得を後押しすると予想した。

さらにカレンダーもマウリツィオ・サッリに味方している。マッシミリアーノ・アッレグリ率いるユーヴェは、強豪ローマおよびインテルとアウェーでの対決に挑まなければならない。敵地でフィオレンティーナおよびサンプドリアとの対戦を控えるナポリより厳しい戦いになることが予想される。スクデット争いの行方は注目されるところだ。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ