2026年のW杯開催を逃したモロッコ、2030年の招致に名乗り…南米3カ国共催と激突か

コメント()
Getty Images
2026年のW杯はアメリカ、カナダ、メキシコによる北米3カ国での開催が決まった。開催の最終投票で敗れたモロッコは、2030年の開催に立候補する意向を示している。

2026年のワールドカップ招致を逃したモロッコだが、諦めず2030年大会の招致に立候補するようだ。

先日、国際サッカー連盟(FIFA)の総会で、2026 FIFAワールドカップの開催地がアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共催に決定した。投票の結果、モロッコは2026年の招致に失敗。だが、モロッコは2030年の招致にも乗り出す意向のようだ。

モロッコの政府広報担当ムスタファ・エル・カルフィ氏は会見の席で「モロッコ王室の指示に従い、我々は2030年のワールドカップ招致のため、引き続き準備を進める」と語った。

また、2026年W杯開催を決める最終投票では得票数は134-65でモロッコが敗れた形になったが、同氏は「サウジアラビアやアラブ首長国連邦など、アラブ諸国がモロッコに投票しなかったことは残念だった」と述べている。

2030年のワールドカップは、1930年に行われた第1回のウルグアイ大会から100周年という節目の大会となる。現時点でウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイの3カ国共催で立候補しており「モロッコが単独開催で招致を目指すとなると、劣勢になる可能性が高い」と指摘するメディアもある。

果たしてモロッコは初のW杯開催を勝ち取ることができるのか、2030年のW杯はモロッコvs南米3カ国という構図で、激しい招致合戦が生じることになりそうだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
長友佑都の独特な練習方法に伊紙も興味津々「ナガトモ、何てトレーニングなんだ?」
次の記事:
主力の離脱が相次ぐトッテナムに大打撃…ハムストリングス負傷でデレ・アリが3月まで欠場
次の記事:
長崎、横浜FMからGK鈴木彩貴の加入を発表「J1昇格に向けて全力を尽くします!」
次の記事:
モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」
次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
閉じる