2点リードのバルセロナ、トッテナムに追いつかれるもPK戦5-3で勝利/ICC

コメント()
Getty Images
ICCのバルセロナvsトッテナムは2-2で90分終了。PK戦の末、バルセロナが勝利を収めている。

現地時間28日、アメリカのローズ・ボウルでインターナショナル・チャンピオンズカップのバルセロナvsトッテナムが行われた。

この試合ではバルセロナが持ち前のパスワークを駆使し、トッテナム守備網を崩そうとする展開が序盤から続いた。

最初にネットが揺れたのは15分のこと。バルセロナは左からセルジ・ロベルトがクロスを入れると、ファーにいたラフィーニャが中に折り返す。それにムニル・エル・ハダディが頭でねじ込んで、先制点を記録。

30分には新加入のブラジル人MFアルトゥールがバイタルエリアでボールを受けると、ワンステップから右足でミドルを決め、リードを2点に広げた。試合は2-0でハーフタイムに突入している。

後半序盤の時点で、バルセロナはGKヤスパー・シレッセンを除いたフィールドプレーヤー全員を交代させる状況に。ボルドーから新加入のマウコムもピッチに立っている。

2点ビハインドとなったトッテナムの反撃が実ったのは73分。左サイドを深くえぐったトッテナムはクロスを放ち、ゴール前でシュートを放つも相手DFのブロックで阻まれる。そのこぼれ球にソン・フンミンが飛び込み、右足でゴール右へと流し込んだ。

その2分後には右からのクロスにソンが飛び込み、合わせることができなかったがルーズボールがトッテナム攻撃陣に渡り、最前線での波状攻撃に転じる。最後はジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥが押し込んで、トッテナムがわずか2分で2点を返した。

試合はその後、互いに追加点を奪うことができず、勝敗はPK戦で決することに。

PK戦ではバルセロナがシレッセン、トッテナムがミシェル・フォルムと、両チームともにGKがオランダ出身対決となった。

トッテナム3人目、アンソニー・ジョージウーのキックをシレッセンがセーブ。バルセロナはその後も5人目まで全員が決め、PK戦5-3でバルセロナが勝利をつかんでいる。

■インターナショナル・チャンピオンズカップ
バルセロナ 2-2(PK5-3) トッテナム
得点者
バルセロナ:ムニル(15分)、アルトゥール(30分)
トッテナム:ソン・フンミン(73分)、エンクドゥ(75分)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる