2得点の磐田MF田口泰士、勝利の要因は「しっかり走った結果」

コメント()
©J.LEAGUE
ジュビロ磐田がアウェイの横浜F・マリノス戦で10年ぶりの白星をつかんだ。

「しっかりやってきたものが実った勝利」

2日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節でジュビロ磐田が横浜F・マリノスを3-1で下して3戦ぶりの白星をつかんだ。この試合で2得点をマークした田口泰士は達成感に満ちた表情で試合を振り返った。

「しっかり走った結果が勝利につながった」と語る田口は37分、タックルでボールを奪取すると、これを山田大記が拾ってクロスを供給。これを松浦拓弥がダイレクトで決めて先制点を奪うと、42分には、小川大貴が放ったミドルシュートのこぼれ球をヘディングシュートで流し込んで追加点を奪取。

後半に入ると、左サイドのスローインのバックパスを中町公祐から奪取し、GK飯倉大樹が前に出ている隙を突いてロングシュート。これが決まり、磐田が3点目を奪った。

田口は1点目のシーンを「チームとしてしっかり守備の意識があった中で、あそこでボールが奪えたのは大きかった」とタックルのシーンを回想。「自分たちの狙い通りというか、イメージの共有のなかで生まれた得点だった」と振り返った。

「自分で言うのもちょっと嫌なんですけど」と前置きしつつ、「本当に3点目があって良かった」と田口。「もし2-0からの2-1だったらもっと違った雰囲気だったり、相手の勢いも強まってたかもしれない。本当にチームとして集中して戦い抜けて良かったと思います」と3点目の重要性についても口にした。

前々節はホームでV・ファーレン長崎に敗れ、前節は先制しながらセレッソ大阪に追いつかれてドローに終わった磐田。田口自身も「前節、前々節とちょっと悔しい思いをしていた」と感じながら臨んだ横浜FM戦だった。

「チームとしてやってきていることが、ピッチの上ですごくいい形で表現できたと思いますし、自分たちでしっかりやってきたものが実った勝利だと思います」

「ゴールに直結するプレーとか、そういう前線に顔を出していくプレーっていうのは継続してこれからもやっていきたい」

新加入ながら、早くも磐田の中盤に欠かせない存在となった田口。巻き返しを期するサックスブルーでキーマンとなれるか、今後に注目だ。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ユーヴェ指揮官、C・ロナウドのPK失敗に「実は朝の練習でも失敗だったんだ」
次の記事:
「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める
次の記事:
昌子源が公式戦2試合連続フル出場…トゥールーズが延長PK戦を制しフランス杯16強進出
次の記事:
カタールからの関心も、中島翔哉の選択肢はあくまで欧州のみ…本人が明言
次の記事:
未だ行方不明のカーディフFW…古巣ナント指揮官ハリルも悲痛「最悪の事態だと思われる」
閉じる