香港の傑志所属、中村祐人が香港代表入りを明言…16日インドネシア代表戦でデビューも

コメント()
kitchee
香港リーグでプレーする中村祐人が現地のパスポートを取得し、香港代表入りを果たしたと明言した。

香港リーグの傑志(Kitchee fc)でプレーする中村祐人が13日、自身のSNSで中国国籍を取得し、香港代表から招集を受けたことを明らかにしている。

香港代表は16日にインドネシア代表との親善試合が控えており、早ければこの試合で中村はピッチに立つ可能性があるという。中村は自身の公式SNSで次のように述べ、香港代表としての意気込みを示している。

「帰化して香港人になりました。そして16日に行われるインドネシアとの親善試合に香港代表として招集されました。香港サッカーの更なる発展のために全力で戦っていきます!これまで応援してくださった皆様、ありがとうございました。これからも温かく見守って頂けると幸いです。」(原文ママ)

1987年生まれ、現在31歳の中村は浦和の下部組織育ちで、青山大を経て2009年に香港一部のTSWペガサスに加わった。その後ポルティモネンセ(ポルトガル)、公民、南華足球隊、和富大埔を経て今年から傑志に在籍。同チームではリヴァプールやユヴェントスに在籍経験のある元マリ代表MFモハメド・シッソコとともにプレーしていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ファン・ダイク、指揮官との100億超え移籍金についての会話を明かす…救われたクロップの言葉とは?
次の記事:
ムバッペ、レアル・マドリー移籍を否定せず「フットボールの世界では何が起こるかわからない」
次の記事:
コウチーニョ獲得へチェルシーがバルセロナに接触…移籍金として140億円を準備か
次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
閉じる