香川真司「勝ち切りたかった」と無念も、ポーランド戦に向けて気合

コメント()
(C)Getty Images
日本代表は24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でセネガルに2-2で引き分けた。試合後、MF香川真司は「最後のところで勝ち切れなかった」と悔やむ。

日本代表は24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でセネガルに2-2で引き分けた。試合後、MF香川真司がフラッシュインタビューに応じた。

「最後、よく追いつきましたし、勝ち切りたかったですけど、1ポイントということで、次につながると思います。まだ(グループリーグ突破が)決まったわけではないので、しっかりと、中3日しかないので、次に準備していきたいと思います」

「1試合目から2試合目に向けて改善できるところは改善できたと思います。ボールも支配しながらチャンスも作れていたのですが、最後のところで勝ち切れなかった。そこをしっかり次へつながられるように修正して、やっていきたいと思います」

「(自分でゴールを)取り切りたいです。そのことを強く自分自身に言い聞かせ、次の試合に向けて準備したいです」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる