ニュース ライブスコア
FIFA ワールドカップ

香川真司が感じた「チームとしての強さ」…「勝ちきりたかった」思いも目線は次戦へ

7:12 JST 2018/06/25
2018-06-24-Japan-Shinji Kagawa

日本代表MF香川真司は「勝ちきりたかったのが本音ですね。良いサッカーをしていたので」と多くの選手と同じ感想をセネガル戦直後に口にした。

日本は24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でセネガルと対戦。常に先行される厳しい展開だったが、粘りを見せて2-2のドローに持ち込んでいる。香川は試合について「最初はやはり、相手の身体的なところ、スピードだったり、苦労しました。対応が慣れないところがありましたけど、ただ、徐々に時間が経つにつれて良い戦い方、良いポゼッションができていたと思う」と振り返った。

また、指揮官を始め選手たちも口々に語った通り、香川も「引き分け狙いとか消極的な戦い方ではなくて、どんどん攻撃的にいくというのはみんなで意思統一しながら、できていたんじゃないかなと思います」と勝ち点3を望んでいたことを認める。

「みんな勝ち切りたかったと思う。最初の20~30分を除けば決定機を与えていなかったので、だからこそ勝ち切りたかったです。まあでも切り替えていくしかないので、次しっかり勝ち切れるように準備をしていくしかないと思ってます」

それでも、2度のリードを追い付いたという自信もチームには身についた。そして、重要な最終節ポーランド戦へと意欲を燃やした。

「よくリードされた状況で追いついたし、非常にチームとしての強さを感じる。ただ、これで満足してはいけないし、まだ突破したわけではないので、次は必ず勝ち切りたい、そして無駄な失点をしないようにするために、どれだけ最初が大事かというのは今日分かったので、いいスタートを切れるようにやりたいです」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ