静岡ダービーは清水が5発完勝!ドウグラス&北川の2トップが躍動/J1第29節

最終更新
コメント()
清水がホームで因縁の相手を撃破!

明治安田生命J1リーグ第29節が行われ、清水エスパルスとジュビロ磐田が対戦した。

静岡ダービーは開始早々に動く。高い位置でボールを奪うと、ドウグラスがスルーパス。これに抜け出した北川航也が左足で狙う。シュートはGKカミンスキーの指先をかすめながら、ゴール右に吸い込まれる。

対する磐田は、中村俊輔のセットプレーを中心に突破口を見出す。5分にはやや距離のあるところからストレート系のボールでゴールを直接狙い、GKにセーブを強いた。しかし、流れの中ではチャンスを作れずにいると、再び清水が襲いかかる。

38分、中央で北川がキープしながら、相手DFを引きつけると、ドウグラスへスルーパス。DFに寄せられながらも、ゴール右隅に流し込み、先制点とは逆のパターンで、清水がリードを2点に広げる。

さらに、北川が受けたファウルをきっかけに、両軍入り混じって小競り合いが勃発。ダービーらしい場面となり、北川と大久保嘉人にイエローカードが出された。

ハーフタイムに磐田は2枚替えを敢行し、荒木大吾と山本康裕を投入する。51分には右サイドを連携で崩すと、最後は櫻内渚のクロスに田口泰士がワントラップから合わせ、磐田が1点を返す。

しかし、攻撃陣が好調の清水は勢いが止まらない。61分、再び北川とのコンビネーションでドウグラスがエリア内でボールを持つ。相手DFを引き連れながら、右足を振り抜くと、ボールはゴール右に収まり、清水が再びリードを2点に広げる。

すると72分には、清水が華麗な連携を披露。ドウグラス、とつないで、最後は北川が軽く浮かした見事なシュートで決定的な4点目を挙げる。

仕上げは途中出場村田和哉のバースデーゴール。ゴール左から見事なミドルシュートが決まり、そのまま試合は終了。清水が5-1と完勝で連勝を達成した。一方の磐田はリーグ戦では第23節の柏レイソル戦以来勝利なしとなった。

■試合結果
清水 5-1 磐田
■得点者
清水:北川(1分、72分)、ドウグラス(38分、61分)、村田(90+4分)
磐田:田口(51分)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
3戦4発から11月の連戦で不発…南野拓実、自分自身に辛口評価「全然パッとしてない。満足していない」
次の記事:
海外組との差を痛感した北川航也「彼らよりも高い意識を持って日々の練習を」
次の記事:
森保ジャパンに4発で圧倒されたキルギス、指揮官が日本代表を称賛 「素晴らしかった。おめでとう」
次の記事:
海外組投入で追加点。森保監督は主力とサブ組の実力差をどう捉えるか?
次の記事:
森保一監督、4発快勝にも気を引き締め「アジアカップはチャレンジする姿勢で」
閉じる