長谷部誠、日本代表の一体感に手応え「やられた感覚ない。チーム全員で戦っている感覚ある」

コメント()
(C)Getty Images
キャプテンの長谷部誠がセネガルとの激闘を振り返った。

ロシア・ワールドカップのグループH第2戦、日本代表は現地時間24日にセネガル代表と対戦し、2−2で引き分けた。第1戦のコロンビア戦に勝利していた日本は合計勝ち点4に。決勝トーナメント進出に向けて大きく前進した。

日本は11分、原口元気のクリアミスとGK川島永嗣のパンチングのミスが重なってサディオ・マネに先制点を決められたが、前半のうちに長友佑都のお膳立てから乾貴士が決めて同点に追いつく。後半、一時は勝ち越しを許したものの、途中出場の本田圭佑が値千金の同点弾を奪取。3大会連続ゴールで2−2とし、試合を終えた。

日本代表の長谷部誠は試合後のフラッシュインタビューで以下のように語った。

「もちろん勝てたゲームだったと思います。ただ常に先行される展開になっていたので、2回追いついたのは悪くない結果だと思います」

「(立ち上がりのゲームプランは?)コロンビア戦と変わらず、もちろん行くところは行く、ブロック作るところはブロック作る、相手のウィークポイントを突くというところで入れました」

「(セネガル相手に手こずったところ)やはりスピードに乗ったドリブルをさせると一対一の状況で抜かれる場面が多かったので、できるだけそういう場面を作らせないようにというのは考えていました。そういう状況になった時には厳しい状況になりましたけど、試合を通して自分たちの方がチャンスが多かったと思いますし、そんなにやられたという感覚はないです」

「自分たちは非常に落ち着いていますし、先制されても自分たちは何をしなければいけないとはっきりしている。誰が出てもチーム全員で戦ってるなという感覚があります」

日本代表は28日、グループリーグ最終戦でポーランドと対戦する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる