長谷部誠が捉える日本代表での3バック「かなり攻撃的なイメージ」

コメント()
(C)Getty Images

日本代表MF長谷部誠が新たな3バックという布陣について語っている。

日本代表は西野朗新監督の下で3バックを採用した新たなフォーメーションを試し始めた。ウィングバックの位置次第では5バックともなるため、守備的になる可能性を指摘されたが、長谷部はむしろ攻撃的なものと捉えているようだ。

「5バックにはならずに、サイドのウィングバックの選手をできるだけ押し出してあげて。センターバックの選手たちがサイドにスライドして、というような、基本的に3バックというよりは4バックになる形だと思うし、それだけじゃなくて中盤で浮いている選手がいたら、後ろの3枚の誰かが付きにいくというか、潰しにいくことも必要だと思うし、そういう部分では僕はどちらかと言うと、チームでもやっている感覚としては、3バックはかなり攻撃的なイメージは持っています」

長谷部自身、所属クラブのフランクフルトですでに3バックを経験済み。リベロとしてなくてはならない選手となっている。日本代表での取り組みについても「面白いトライ」と話し、このように続けている。

「現代は3バックを取り入れているチームがたくさんあるので、その意味では経験している選手が多いな、というのはあります。ただまったくやったことのない選手ももちろんいると思うので、そういう選手たちにはできるだけコミュニケーションを取って、ピッチの上であまり考えて動いていては遅れてしまうし、逆に自然にオートマチックに動けるような形にしないといけないと思うので、それはもっともっとグラウンド外でもコミュニケーションを取ってやっていくことは大事だと思います」

30日のガーナ戦でも3バックを使われることが予想され、「チャレンジすることが大事」と話す長谷部。しかしあくまでも「形にこだわるよりもフレキシブルに」として、監督も重視する自主性を重んじた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる