長谷部誠がドイツで成功をつかんだ理由…“鬼軍曹”マガト氏が回想「最も印象的だったのは…」

コメント()
getty Images
元ヴォルフスブルク指揮官がトーク番組で長谷部について語る。

フェリックス・マガト氏が考える、元日本代表MF長谷部誠がドイツで成功を収めた理由とは? “鬼軍曹”がドイツ『シュポルト1』のトーク番組で、ヴォルフスブルク時代の同選手について語った。

25日、マガト氏はフランクフルトの取締役を務めるフレディ・ボビッチ氏らとともにトーク番組に出演。番組内の話題がフランクフルトの快進撃や同チームの主力選手の契約状況に移ると、ボビッチ氏は長谷部との契約延長についても報告した。

すると長谷部を指導し、ヴォルフスブルクで公式戦81試合で起用した経歴を持つマガト氏は、司会者のトーマス・ヘルマー氏にコメントを求められ、次のように語った。

「彼を当時(2008年1月)、日本からブンデスリーガに連れてきたが、より前方の位置、右サイドハーフ、または右サイドバックで起用したね。だが、彼に関して最も印象に残っているのは、半年間でドイツ語を学んだことだ。自らチームに輪に入っていき、溶け込もうという努力していた。そういったところが彼の性格を象徴している」

長谷部はフランクフルトで、ニコ・コバチ前監督に引き続き、アディ・ヒュッター監督の下でもリベロ役としてプレーしているが、マガト氏は「最も適したポジション」と話す。

「もちろん日本人としての勤勉さもあったし、テクニックは非常に優れたプレーヤーだった。そして今現在、彼にとって最も適したポジションでプレーしている」

ヴォルフスブルク時代に、その厳しい練習内容から“鬼軍曹”と呼ばれるようになったマガト氏。来年1月で、ドイツにやってきて12年目となる長谷部を、一人の人間としても選手としても高く評価しているようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
レアル・マドリー、バルサ、チェルシーでエリクセン争奪戦か…契約は来季終了まで
次の記事:
過熱する移籍先報道に…オランダの俊英MF「決断を急ぐことはないけど、早く終わってほしい」
次の記事:
【LIVEテキスト速報します】森保ジャパン、弾みつけ決勝Tへ!日本代表vsウズベキスタン代表
次の記事:
ベルギー代表MFデンベレの中国リーグ移籍合意が発表…ストイコビッチ指揮の広州富力に加入へ
次の記事:
前レアル・マドリー所属のモラタ、アトレティコへの移籍が間近か
閉じる