長友佑都の買い取り断念なら、代案はバイエルンDF? ガラタサライが即戦力の左SBに関心

2018-03-25 Nagatomo Yuto Galatasaray
長友佑都の買い取りに向けてガラタサライが動く一方、バイエルンで出場機会に恵まれていない左サイドバックにも関心を示していると報じられた。

日本代表DF長友佑都は、トルコリーグのガラタサライに半年間の期限付き移籍で加入している。ガラタサライは長友のクオリティーを高く評価し、買い取りを目指して動きを見せていると報じられてきたが、その話が消滅する線も浮上している。

ドイツ『キッカー』が報じたところによると、ガラタサライはバイエルンのスペイン代表DFフアン・ベルナトに関心を示しているという。

ベルナトはバレンシア育ちで、14-15シーズンから同胞ペップ・グアルディオラ監督が率いる(当時)バイエルンへと加わった。今季は在籍4シーズン目となるが、ここまでリーグ戦出場数は7試合のみと、出場機会に恵まれていない。

報道によると、ガラタサライは長友の買い取りを目指す一方で、保有権を持つインテルが契約解除金を釣り上げる可能性もあることから、その代案としてベルナト獲得を視野に入れているという。

ベルナトにはアトレティコ・マドリーも関心を示しているというが、25歳の左サイドバックは2019年までバイエルンと契約を結んでおり、余剰戦力としてバイエルンが売却を決断するかどうかは不透明な状況にある。

果たしてガラタサライは、長友のレンタルバックを前に、どのような移籍市場での立ち回りを見せるのか。ベルナトの動向は長友の去就にも大きな影響を及ぼすことになりそうだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる