長友佑都の完全移籍目指すガラタサライが正式オファーへ…市場開幕とともに2年+1年契約提示か

コメント()
AA

ガラタサライは、インテルから期限付き移籍中のDF長友佑都の獲得に自信を持っているようだ。トルコ『GUNES』が伝えている。

今年1月に、7年過ごしたインテルからガラタサライへのレンタルを決断した長友。加入当初からレギュラーとしてプレーし、これまで12試合連続でフル出場。3アシストを記録するなど、首位を走るチームに欠かせない存在となっている。

この活躍を受け、クラブは完全移籍を希望。選手本人も、インタビューで「ガラタサライに残りたい」と語るなど残留を希望している。

そんな中、『GUNES』はインテルとの交渉は続いているとし、長友には2年+1年の延長オプションが付帯する契約を提示するとしている。移籍市場の開幕とともにオファーを送ると見られている。

「4月の初めから、インテルとの交渉は続いている。ガラタサライは、マーケットの開幕とともに2+1年契約を提示する予定だ」

インテルは、長友の売却には前向きであり。移籍金を300万ユーロ(約4億円)に設定していると見られている。しかし、イングランドのクラブからの関心を見極めつつ、冷静に判断すると伝えられている。

果たして、日本代表DFはロシア・ワールドカップ後にどのクラブでシーズンの開幕を迎えることになるのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」
次の記事:
アザール、レアル・マドリー移籍を決心か…思いは強く契約延長を拒否と報道
次の記事:
関根貴大、シント=トロイデンで昨年9月以来の実戦に「徐々に進んでいく。ここからがスタート」
次の記事:
モラタ、アトレティコ入りに同意…移籍実現へ残る障壁は?
次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
閉じる