酒井宏樹、セネガル戦でエースのマネを抑えた秘訣は「アプリで研究」

コメント()
Getty
日本代表DFがセネガル戦での戦いを振り返った。

日本代表DF酒井宏樹は、ロシア・ワールドカップのグループH第2節セネガル戦で2-2の引き分けに終わったことについて、「残念だった」と勝ち点3を目指していたことを明かした。

酒井個人としてはシュートのこぼれ球を詰められ先制点を奪われた場面以外、相手エースのサディオ・マネを抑えることに成功。その秘訣は「各選手の動作等が記録されているアプリによる研究」にあったと明かした。

「癖やどういう移動をしてくるか、ゴール前ではどのくらい遠い位置だったらダイブをしてくるのかなど、全てのことを考えて対策は練っていました。コロンビアに比べてマネが出てくる確率は8割を超えていたので、より分かりやすい対策にはなりました」

セネガルが4-3-3の布陣で挑んできたことについては、事前の想定とは異なっていたことを認めつつも、対応する準備はできていたと語った。

「4-1-4-1の方が有力だったんで、そこはスカウティング陣を褒めたいところです(笑)。でも、この可能性が高いんじゃないかという感じは全て出ていて、試合前のメンバー発表を見てもおそらくこれだというのが入ってたので、試合中に変えられるようにはなっていました」

その他の場面でもスカウティングで共有された情報が役立ったことを認めつつも、最も大事なのは選手自身がピッチ上で判断することだと主張した。

「試合中に2枚でプレッシャーに来たりなど予想通りでした。そこに関してはボランチも含めてビルドアップの部分はできましたね。もちろん選手のスカウティングもありますが、当たる当たらないはあるので、当たってくれてよかったです」

「ただ、それを全て鵜呑みにしてしまうと中で起きたことに対応できないので、あくまでインフォメーションとして自分たちがピッチで判断することが大事だと思います」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
「勝つ、次に進むことがすごく大事」酒井宏樹が苦しみながらのサウジ戦勝利を評価
次の記事:
「前線にとって楽しい試合ではなかったけれど…」武藤嘉紀、守備に奔走もサウジ戦の勝利に満足
次の記事:
防戦一方、サウジの息の根を止められなかった日本。問われる森保監督のマネジメント
次の記事:
サウジに苦戦も結果が出たことに満足の柴崎岳「意識を統一して戦えたことは収穫」
次の記事:
日本を勝利に導いた20歳冨安健洋に伊紙も賛辞「GKが何もできない豪快なヘッド」
閉じる