「選手は非常に敏感。悲嘆に暮れピッチをさまようメッシ」をラニエリ氏が擁護

コメント()
Getty
クラウディオ・ラニエリ氏は、批判が相次ぐリオネル・メッシを擁護している。

イタリア人監督のクラウディオ・ラニエリ氏が25日、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組『ラディオ・アンキオ・スポルト』に出演し、アルゼンチン代表について見解を示した。

ロシア・ワールドカップのグループDのアルゼンチンは、初戦で初出場のアイスランドと1-1で引き分け、第2節ではクロアチアに0-3で完敗。決勝トーナメント進出へ向けて最終節に望みをつなぐが、順位表で最下位に沈んでいる。66歳のイタリア人指揮官ラニエリ氏は、自身の見解を示し、アイスランド戦でPKを外すなど、本来の輝きを見せることができていないFWリオネル・メッシを擁護した。

「選手たちがチームを作る。良い選手が揃っていれば、代表も素晴らしい成績を残せるだろう。現在のアルゼンチンの選手層には驚く。私の印象では、W杯において、トップ4もしくはトップ6に入れるメンバーではない。メッシがたった一人でリーダーを担うことはできない。代表は代償を払っている」

続いて結果を出せずにいるアルゼンチン代表について、指揮官ホルヘ・サンパオリが責任を負うことは当然であると主張する。

「サンパオリは権威を失った? チームは勝利に飢え、緊張感がある。最初に代償を払うのはいつでも監督なんだ。悲嘆に暮れたメッシはピッチをさまよう。そうなれば監督の権威は落ち、批判される。選手とは非常に敏感なものだ。能力の120%を出してくれることもあれば、60%のときもある。後者の場合、チームは立ち行かない」

またラニエリ氏は、セリエAで29ゴールを挙げ、得点王に輝いたインテルFWマウロ・イカルディが招集されなかったことに疑問を呈した。

「イカルディはイタリアでゴールを量産した。セリエAは難しいリーグでもあり、彼のような選手はW杯へは常に連れて行くべきだ。あれほど得点能力を持つFWが、家に残るべきではない」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
バルセロナ加入のボアテング、レアル贔屓の発言は「もう過去のこと。次のクラシコでゴール決めたい」
次の記事:
「本来ならボールを握りたいが…」森保監督、耐え忍んでの勝利に「1つのオプションができた」
次の記事:
スカウティング通りのCKからの得点…吉田麻也、分析スタッフを誇る「日本人は緻密」
次の記事:
開催国UAEがキルギスとの延長に及ぶ死闘制す!準々決勝では前回王者オーストラリアと激突/アジア杯
次の記事:
日本対サウジの一戦を『FOXスポーツ』が採点…最高点は吉田&冨安のCBコンビ!
閉じる