ニュース ライブスコア
FIFA ワールドカップ

過去のドーピング報道が原因か…W杯開催地ロシア、ドイツ人記者の入国拒否

17:20 JST 2018/05/12
Russia 2018 WM World Cup Logo
6月14日に開幕するロシア・ワールドカップ。しかし、ARDの記者が入国を拒否される事態が発生している。

ロシアは、ARD(ドイツ公共放送連盟)のハジョ・セッペルト記者の入国を拒否したことを発表した。

6月14日に開幕するW杯へ向け、世界各国の記者の取材申請を受けているロシア。しかし、ARDのセッペルト記者に対し“望まれない人物”のリストに入っているとして、ビザを無効にすると発表している。

セッペルト記者は、過去に『シークレット・ドーピング:ロシアが勝者を生み出す方法』というドキュメンタリー番組を公開。この番組は、ロシアが「国家ぐるみで組織的なドーピングを行い、多数のメダリストを排出している」という内容のドキュメントであり、大きな話題となった。この放送以降、WADA(世界アンチ・ドーピング機関)はロシアの不正調査に乗り出し、様々な問題が明るみになった。

『SID』でセッペルト記者は、入国禁止措置について「国家的なドーピングシステムを公開したことが、ロシアがこういった行動をとることに繋がったのは明らかだろう。FIFA(国際サッカー連盟)がどのような措置をとるかは興味深い」と語っている。

これに対しFIFAは、「報道の自由はFIFAにとって最も重要であり、我々は最良の条件をメディアの代表者に提供したい」との声明を発表。11日にセッペルト記者の取材申請を承認したと明らかにしている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ