【速報】日本代表がFIFAランク90位キルギスを圧倒!山中の最速弾などでリードし後半へ

コメント()
(C)Getty Images

キリンチャレンジカップが20日に行われ、日本代表はキルギス代表と対戦した。

来年1月に控えるアジアカップへ向け、強化を進める森保ジャパン。大会前最後となる2018年内最終戦では、指揮官が明かしていたとおり、大幅にメンバーを入れ替え。前回のベネズエラ戦から11人を変更した。

先発メンバーでは、海外組は原口元気ただ1人。山中亮輔が日本代表デビューを果たし、北川航也と守田英正が初先発。国内リーグでプレーする選手を中心に、FIFAランキング90位のキルギス戦に臨んだ。激化するポジション争いの中で、大会前にアピールする最後の舞台となる。

日本は試合序盤からボールを落ち着いて回す。すると2分にいきなり先制に成功。ゴール前に入った縦パスを杉本が受け、ボックス内左にラストパス。走り込んだ山中が左足を振ると、ポストに当たったボールがネットに吸い込まれた。代表デビューとなった山中のゴールで、早々にリードを手にする。なお、2分でのゴールは森保ジャパン発足後最速となった。

先制後も、日本はボールを保持する時間が続く。18分には、原口がボックス手前でFKを獲得。自ら直接ねらうと、強烈なキックをGKは抑えきれず。2点目を奪った。畳み掛ける日本は、25分に杉本の落としを受けた伊東が反転からフリーでシュートを放ったが、ここは枠を外れた。29分にも左サイドを崩して原口が上げたクロスを伊東がボレーで合わせたが、ここも枠外へと飛んでいる。さらに31分には杉本がクロスに頭で合わせるが、GKにキャッチされた。

前半は相手に自陣でプレーさせることがほとんどなく、キルギスを圧倒した日本。2点をリードして折り返す。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる