逆転勝利のフランス、マテュイディはドイツの問題点を指摘「僕らにはあるけど彼らには…」

最終更新
コメント()
ドイツは公式戦4試合勝利なし。

フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンはドイツ代表から逆転勝利を収め、満足しているようだ。

フランスは16日、UEFAネーションズリーグでドイツと対戦。3バックのドイツに苦戦し、先制を許しながらも、後半にグリーズマンの2ゴールで逆転。2-1とホームで勝ち点3を手にしている。

グリーズマンは『m6』で試合を振り返っている。

「前半はタフだった。3バックが僕らを悩ませたね。選手間で話し合い、何かを変えなければならなかった。それから良くなったね。ワールドカップでもそういうことをやったから優勝できたんだ。ハーフタイムには話し合ったよ」

また、逆転PKを獲得したブレーズ・マテュイディも、戦術的に変化を加えたことを認めている。

「ハーフタイムに話し合い、監督も僕らに伝えてくれた。とても戦術的なことで、後半は3人を中盤に置いて良くなった。ボールがないところでも良くなって、同点となってからはドイツがペースを失い始めた。自信によるものだろう。僕らにはあるけど、彼らには今欠けている」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
J1は5人の外国籍選手が出場可能に。Jリーグ、ホームグロウン制度の導入と外国籍選手枠の変更を発表
次の記事:
監督として初勝利を挙げた本田圭佑、選手として手にする白星との違いを語る…
次の記事:
J2初優勝の松本山雅、反町康治監督の続投を発表「再び挑むJ1の舞台でチャレンジ精神を持って」
次の記事:
代表初先発の守田英正、キルギス戦でチーム最多のタッチ、パス、タックル数を記録…森保体制で最高のデュエル勝率も
次の記事:
覚醒のG大阪FWファン・ウィジョが韓国代表でも連発…直近10戦10発と無双
閉じる