躍進する開催国ロシアの戦術を現地記者が解説「昔のモウリーニョに似ている」

コメント()
Giuseppe Cacace
予想外の活躍を見せている開催国のプレースタイルを現地記者が解説してくれた。

19日に行われたロシア・ワールドカップのグループA第2節でロシアは、エジプトに3-1で勝利を収めた。2連勝となりグループリーグ突破を決めた開催国の躍進を、現地記者はどのように見ているのだろうか。

開催国として今大会に出場しているロシアは、参加国の中でFIFAランクが最下位だったこともあり、開幕前までは最弱とも言われていた。しかし、蓋を開けてみると初戦のサウジアラビア戦で5-0と大勝。続くエジプト戦も3-1の完勝。グループリーグ2試合での歴代得点記録に並ぶ活躍を見せている。

この予想外の躍進が「チームとスタニスラフ・チェルチェソフ監督に対する、多くのジャーナリストやサポーターの評価を一変させた」と、『Goal』ロシア版編集部ヴァシリー・レゲイド記者は解説する。

そして、今大会のロシア代表のスタイルを「昔のジョゼ・モウリーニョに少し似ている」と評した。

「コンパクトで堅い陣形を後方で保ち、どんなスペースも相手に与えず、中盤へのパスのインターセプトから素早いカウンターアタックを狙っている。このスタイルはとてもよく機能していて、ロシアの持っている才能を最大限に引き出していると言えると思う。最低でもサウジアラビアとエジプト相手に対しては」

現在のスタイルでは強豪国とは戦えないと懐疑的なサポーターが多いことを明かしつつも、惨敗を予想していたロシア国民を安心させた2勝をレゲイド記者は高く評価している。

「もっと強い相手にはこのチームはいい成績を残すことは難しいと思っている人もいる。それは正しいかもしれない。実際に今回のメンバーは2008年のチームほど優れていないかもしれない。それでもロシア国民に安堵を与えたこれらの勝利こそが大きな成果だ」

ロシアは25日に、グループリーグ第3節でウルグアイと対戦する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
PSGに緊急事態…ヴェッラッティの重傷をトゥヘル認める「起こりうる最悪の事態」
次の記事:
“MCN”揃い踏み!PSG、クラブ記録に並ぶ9-0の圧勝…首位独走で2位とは13ポイント差に/リーグ・アン第21節
次の記事:
乾貴士、アラベス移籍が決定か…バスク公営放送が報じる
次の記事:
仏1部デビューを飾った昌子源、トゥールーズ初先発で残したスタッツとは?
次の記事:
無観客処分も、子供12000人を招待!インテル、“いつもと違う”ホームでスコアレス/セリエA第20節
閉じる