豪代表ケーヒルも日本の健闘称え「サッカーは素晴らしいが、残酷なことが起こるもの」

最終更新
コメント()
オーストラリア代表のティム・ケーヒルが、自身のツイッターで日本代表対ベルギー代表を実況した。

2018FIFAワールドカップ・ロシア決勝トーナメント1回戦、日本代表対ベルギー代表が現地時間2日に行われた。試合は、日本が2点をリードするも、3-2でベルギーが逆転勝利を収めた。

この試合をオーストラリア代表のティム・ケーヒルもTVで観戦。自身のツイッターでリアルタイムに戦況解説を投稿した。その内容は以下の通り。

「しっかりと試合に入った日本は、積極的にボールを取りに行った。対するベルギーは、試合が進むにつれて、優位になった。ロメル・ルカクはペナルティエリアの近くでボールを収めれば、あらゆる可能性を引き出すことができる」

「ベルギーは後半になってからギアを変え、試合を完全に支配した。日本は自陣に追いやられたものの、わずかながらチャンスを作れている。試合は互角だが、ベルギーには違いを生み出せる、質の高い“個”を持った選手がいる」

「(ベルギーの)ずさんな守備。日本は素晴らしい攻撃からフィニッシュを決め、ベルギーに処罰を与えた」

「ベルギーはペナルティエリア周辺のルカクとマルアン・フェライニに目掛け、シンプルにボールを集めようとしている。いちかばちかだ」

「フェライニがしていることは、ロングボール、ペナルティエリア内でのクロスの競り合い。シンプルだが効果的だ」

「サッカーはとても素晴らしいが、残りわずかの時間で非常に残酷なことが起こることを、皆が知っている。ベルギーが素晴らしいゴールを決めた」

ロングボールからの競り合いを「シンプルだが効果的」と評したケーヒル。180センチながら、高いジャンプ力を生かしたヘディングで、何度も日本代表を脅かしたストライカーの言葉だけに、説得力がある。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
乾貴士が語る中村俊輔と中田英寿…「海外で日本人は必要とされていなかったが、彼らが壁を壊してくれた」
次の記事:
キルギス戦に臨む原口、先輩たちのように「若手を引っ張らないといけない」
次の記事:
ムバッペ、対立再燃が噂のネイマール&カバーニに「PSGに戻ってからも全く問題はない」
次の記事:
「簡単ではないが常にスペシャル」司令塔エジルがアーセナルでの5年間を振り返る
次の記事:
ドイツ弱体化の原因はペップ?代表OBブリーゲル氏「サッカー本来の原理を忘れてしまった」
閉じる