ニュース ライブスコア
親善試合

親善試合を前に歴史的大敗を振り返るブラジル代表監督「あの時のドイツはパーフェクト」

20:06 JST 2018/03/27
Tite Brazil
国際親善試合でドイツと対戦するブラジル。チッチ監督は2014年ワールドカップのあの試合は「お化け」と形容する。

ブラジル国民にとって、ドイツ相手に母国ワールドカップで喫した1-7は忘れられない歴史的な大敗だった。ブラジル代表を率いるチッチ監督は、27日に行われるドイツとの親善試合での再会は「精神的に大きな意味合いを持つ」と考えているようだ。

チッチ監督が指揮を執るようになってからブラジルはW杯南米予選で圧倒的な強さを示し、18試合で14勝3分け1敗と好調を維持。ロシアW杯に向けて、順調な仕上げを見せるなか、ドイツとのテストマッチに臨む。ドイツ誌『キッカー』のインタビューに応じた指揮官は、次のように当時の敗戦を振り返った。

「(当時)サンパオロのアパートで見ていた。1人のファンとしてね。家にいたので誰にも見られていないと、公の場とでは違った反応をするものだ。3点目を奪われてから、妻が泣き出したんだ。私も辛くなり、一体何が起きているのか、と信じられない気持ちだった」

「どのシュートもゴールとなった。ビデオゲームでもあり得ないことだ。インテルナシオナウの監督を務めたころ、チームが8チャンスで7ゴールを決めた。サッカーでは時折、一つのチームがパーフェクトな状態に近づくことがある。それがあの時、ドイツに起きたことだ」

今回のドイツ戦も、その敗戦なしでは語れないようだ。

「精神的に大きな意味合いを持つ試合だ。素直に認めなければいけない。前回W杯での1-7はお化けと言えるだろう。起きたことで、今でも存在し続ける。人々は十分なほどそのことについて話している。だが、話せば話すほど、お化けは消えることがない」

「この試合は競技の側面に限らず、感情の面においても大きなチャレンジとなる。トップパフォーマンスを出せるために準備を進めてきた。結果?どうなるか分からないね。ドイツは今とても良い時期を過ごしている。コンフェデ杯を控えのチームで優勝した。我々は挑戦者となる。どっちがより優れているのか、見てみよう」

インタビューでは「傷はまだ治っていない。ベルリンでの親善試合は完治への一部」とも形容するチッチ監督だが、ブラジルはトラウマを克服できるのだろうか。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ