西野監督「何が足りない」自問自答が「成果をあげた」確信に変わった瞬間

コメント()
(C)Getty Images
西野朗監督がロシアW杯を総括した。

日本サッカー協会(JFA)は5日、ロシア・ワールドカップを終えて帰国した日本代表の記者会見を開催。ベルギー戦後のフラッシュインタビューで、西野朗監督は「何が足りないんでしょうね」という言葉が飛び出した。その言葉が帰国会見で「成果をあげた」に変わった。その言葉の意味を説明した。

「あの言葉を発するまでに時間をいただいたが、試合が日本にとって好転していった中で、考えられないシナリオだった。あの30分で自分が判断できるスピード感が自分になかった。まさかああいう状況になるなんて考えられなかった」

ベルギー相手に2点を先行しても、攻める姿勢を崩さなかった。自力の差で2点差をひっくり返され、チームの方向性が統一できていなかったので、自問自答したと指揮官は語る。

「ベルギー相手に3点目いけるというチーム力に自信があった。紙一重のところで流れが変わってしまった。まさかの30分。何が足りないかは自問自答していたこと。チームの方向性を統一できなかったことで、何が足りないんだろうと自問自答した」

自問自答した結果「W杯での1ポイント、1ゴールを取るのは非常に難しい。私にとっても初めての経験で。勝ち上がることの厳しさも感じた。選手たちはたくましく戦ってくれた」と総括し、「次のカタールで間違いなくラウンド16を突破できると思う。選手が必ず成し遂げてもらえる状態につなげたことは成果として感じたい」と考えるに至った。

そして西野監督は、これからの日本サッカーを担っていくであろうアンダー世代に期待感を示している。

「これからに関して爆発的な成長は難しい。ただ、アンダー20やアンダー17は世界に渡り合える力があると思っている。協会が働きかけたものだと思いますし、下の世代の底上げでフル代表にとって変わる可能性もあるほどかもしれない。そういう世代についてさらに強化していくこと。あとは海外組との融合。シーズンの時期が違うことやステージが違う中で、チームとしてうまく融合していくことについて考える必要がある」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
アジア杯準々決勝進出国が決定!優勝候補の日本、イラン、韓国、豪州が揃って8強へ
次の記事:
“ダークホース”カタールが豪快FKでイラクを下す!4試合クリーンシートで韓国との決戦へ
次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
閉じる