西野監督が明かす浅野、井手口らの落選理由「非常に有望な若手ですが…」

コメント()
(C)Goal

日本代表を率いる西野朗監督は31日、ロシア・ワールドカップ行きの23名を発表した。

ガーナ戦のメンバー26名から外れたのは浅野拓磨、井手口陽介、三竿健斗。浅野、井手口はヴァイッド・ハリルホジッチ前監督体制の主力選手として活躍し、本大会出場を決めたオーストラリア戦ではともにゴールをマークしている。

一方で、それぞれの所属クラブであったシュトゥットガルト(当時)、クルトゥラル・レオネサでは出場機会に恵まれず、実戦経験を積むことはできなかった。西野監督は「非常に有望な若手の3人ですが」と前置きしつつ、落選した理由についてこう語った。

「この舞台に立たせてもらったのも彼らの力は大きい。代表でのパフォーマンスは強く感じていて、求めたかったです。ただ、彼らの現状がそういう環境でなかった。非常にパフォーマンスは上がってきていましがが、現時点でのトップパフォーマンスではなかったと思います」

23名を選んだポイントについては「対戦国を含めていろんなシチュエーションを考えた」と説明した西野監督。23人の選手たちを信じてロシアへと乗り込む。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
驚異のシャビ、アジア杯の大会前予想で8強の7カ国を的中。日本代表は決勝進出を予想も…
次の記事:
ベトナム国内の盛り上がりは最高潮…国営TVの日本戦広告料はロシアW杯決勝並みに
次の記事:
「日本のレベルは高いが…」ベトナムメディアが指摘する森保ジャパン3つの弱点
次の記事:
Jリーグ、ルヴァン杯、J1参入POなどの最大14試合でVARの導入が決定
次の記事:
清水に打撃、昨季リーグ戦11得点のドウグラスが不整脈で一時帰国
閉じる