衝撃敗退のドイツを現地記者も辛辣採点。韓国戦ワースト選手は?「不用意なロストを繰り返し…」

コメント()
Getty Images
ロシア・ワールドカップから姿を消す事となったドイツ。『Goal』ドイツ版は、韓国戦の選手たちを辛辣に採点している。

ロシア・ワールドカップのグループリーグ最終節で、韓国に0-2と敗れたドイツ。『Goal』ドイツ版は、この試合の選手たちに厳しい評価を下している。

グループリーグ最大の波乱が起きた。グループFの最終節で、ドイツは韓国と対戦。ドイツはなかなかゴールを奪えずにいると、後半アディショナルに韓国がセットプレーから先制点を挙げる。その後全員が上がり攻めたドイツだが、逆にカウンターから2失点目で万事休す。前回王者がまさかの敗退となった。

『Goal』ドイツ版は、ドイツの選手たちを採点。8選手が「5」以下となった。

最低点はサミ・ケディラの「6」で、「オリバー・ビアホフは、『ヨアヒム・レーブが2014年に世界王者になったのは“安定感”を与えたからだ』と説明していた。しかしケディラは、それをまったくできなかった。不用意なボールロスト、不可解なドリブルを繰り返し、約60分のプレーで交代させられた」としている。

また、マルコ・ロイスやレオン・ゴレツカ、ヨナス・ヘクターが「5.5」に。主将のマヌエル・ノイアーは「4.5」となった。

一方、最高点はDFマッツ・フンメルスの「3.5」。寸評では「負傷から復帰したゲームデザイナーは、ドイツのベストプレーヤーだった。相手に最後まで食い下がり、意志を示し続けた。疲れ知らずに働き、ポジショナルプレーで強さをみせた。しかし、最後の部分では不運だった」と評価している。

W杯前回王者がグループリーグで敗退するのは、これで3大会連続。昨年のコンフェデレーションズカップで優勝したドイツも、このジンクスを破ることができなかった。

(※最高点は「1」、最低点は「6」)

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる