英高級紙記者が見た日本代表の成長…「才能の生かし方を見つけた」

コメント()
Getty Images
英紙『ガーディアン』記者は日本代表とセネガルの一戦をどのように見たのだろうか。

英高級紙『ガーディアン』の記者は日本代表とセネガルの一戦をどのように見たのだろうか。現地で取材したエイミー・ローレンス氏は分析した。

日本のロシア・ワールドカップグループ第2節セネガル戦は2-2のドローに終わった。2度のビハインドを追いつき、貴重な勝ち点1を獲得している。ローレンス氏は日本が、平均年齢が史上最高でW杯に臨んでいることに触れつつ、経験が力になったと考えているようだ。

「経験が、彼らのスピリット、2度試合を戻したということに一役買った。あらゆる方法でチャレンジしていた」

続けて、日本の決定力を評価し、今回の試合内容が今後に向けて自信になるとも予想している。

「日本は自国の選手たちの才能の生かし方を見つけることができていた。前に進み、別の有望な結果を手にすることさえできただろう」

なお、日本は最終節ポーランド戦で勝ち点1でも獲得することができれば、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
バルセロナ加入のボアテング、レアル贔屓の発言は「もう過去のこと。次のクラシコでゴール決めたい」
次の記事:
「本来ならボールを握りたいが…」森保監督、耐え忍んでの勝利に「1つのオプションができた」
次の記事:
スカウティング通りのCKからの得点…吉田麻也、分析スタッフを誇る「日本人は緻密」
次の記事:
開催国UAEがキルギスとの延長に及ぶ死闘制す!準々決勝では前回王者オーストラリアと激突/アジア杯
次の記事:
日本対サウジの一戦を『FOXスポーツ』が採点…最高点は吉田&冨安のCBコンビ!
閉じる