英メディアがここまでのW杯出場国をランク付け!日本は32カ国中何位に?

コメント()
2018-06-20-kagawa.jpg
©Getty Images
イギリスメディアが、ここまでのロシア・ワールドカップの各国のパフォーマンスを評価している。

イギリス誌『FourFourTwo』は21日、ここまでのロシア・ワールドカップにおける各国代表のパフォーマンスをランク付けした。日本代表は12位にランクされている。

12位にランク付けした日本について、『FourFourTwo』は「日本は2-1で勝利したが、早い時間帯にコロンビアが自滅したので、どのように評価すべきか少し難しい。3分にPKを決めたサムライブルーは、カルロス・サンチェスの退場により87分にわたって数的優位を手にした。それを最大限に活用し、後半にはタカシ・イヌイとユウヤ・オオサコが輝いた。コロンビアを撃破するという素晴らしい結果を手にしたものの、10人相手に骨を折っており、トップクラスのチームには見えない」と寸評。試合の大半で数的優位を得たこともあり、慎重な評価を下した。

なお、『FourFourTwo』はメキシコを1位に選出。メキシコは17日に行われた初戦で前回王者のドイツを翻弄し、イルヴィング・ロサノのゴールで1-0の勝利を手にした。2位には、グループAでサウジアラビア、エジプトに2連勝したホスト国のロシアだった。

3位には、初戦のスペイン戦をドローで終えた後、20日にはモロッコに1-0で勝利したポルトガルを選んでいる。日本と同組の国はそれぞれ、セネガルが11位、コロンビアが21位、ポーランドが26位となっている。

『FourFourTwo』による、ここまでのロシアW杯における各国代表のパフォーマンスランキング、トップ10は以下の通り。

1位 メキシコ
2位 ロシア
3位 ポルトガル
4位 スペイン
5位 イングランド
6位 アイスランド
7位 スイス
8位 ベルギー
9位 セルビア
10位 クロアチア
11位 セネガル
12位 日本

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる