苦手な欧州勢と対戦の豪州…デンマークはシュマイケルが無失点継続中【データで見るロシアW杯対戦カード】

Getty Images
いよいよ開幕したロシア・ワールドカップ。『Opta』のデータを用い、第2節の興味深い情報をチェックしよう。

いよいよ開幕したロシア・ワールドカップ。21日にはグループC第2節が行われ、デンマークとオーストラリアが対戦する。

重要な初戦を前にデータで両チームの情報をチェック。以下はデータサイト『Opta』による両チームの情報となっている。

■デンマーク対オーストラリアの対戦は、今回で4回目、W杯では初めてとなる。過去の試合は全て親善試合で、引き分けはない。(デンマーク2勝、オーストラリア1勝)

■オーストラリアは、過去9回W杯でヨーロッパのチームと対戦しているが、内7回は負けている(勝ち1/引き分け1)。白星は2010年のセルビア戦のみ(2-1)。

■また、オーストラリアのW杯での過去14試合中、無失点だったのは1974年のチリ戦の0-0のみ。

■W杯初出場の1986年が、デンマークが唯一2連勝でスタートを切れた年である。

■デンマークは今回、初戦のペルー戦で無失点に抑えたが、今まで連続で無失点を達成したことはない。

■デンマークのW杯での過去の28ゴールは全て、ペナルティーエリア内からの得点である。

■ゴールキーパー、カスパー・シュマイケルは、デンマーク代表としての過去5試合を無失点に抑えており、アイルランド戦での失点以来、534分間に渡って得点を許していない。

■クリスティアン・エリクセンはデンマーク代表として14試合出場中、17ゴールに絡んでいる(12得点5アシスト)。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる