「経験豊かなホンダ」敵国メディアが本田を称賛!一方川島へは「ゴールをプレゼントした」と酷評

コメント()
©Getty Images
日本代表と最終戦で戦うポーランドメディアが、本田圭佑を称賛。一方でミスを犯した川島永嗣については厳しい評価を下している。

24日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第2戦で、日本代表はセネガル代表と2-2で引き分けて勝ち点を『4』に伸ばし、首位をキープした。日本と最終節で対戦するポーランドメディアはこぞって激闘を演じた日本に称賛の言葉を送っている。

日本は11分に、GK川島永嗣のパンチングミスからサディオ・マネに先制点を許したが、前半のうちに乾貴士の右足で同点に追いつく。後半に入るとサイドを崩されて再びセネガルにゴールを許したが、途中出場の本田圭佑が3大会連続弾を決めて同点。初戦白星同士の決戦は2-2のドローに終わった。

ポーランドの『GOL24』は、「日本とセネガルは素晴らしい光景を作った。日本に限っては、セネガルが優勢に試合を進めながらも2回のミスを補填してみせた」と評価。特に先制点をマークした乾貴士については「技術を駆使してゴールを決めた。ゴールキーパーにチャンスはなかった」と称賛した。

また、途中出場で値千金の同点弾を奪った本田圭佑に関しては「経験豊かなホンダ。彼の出場は決して無駄ではなかった」とたたえている。

一方でパンチングミスで先制点を献上した川島については「早々にミスを犯した。カワシマはセネガルに3つ目のゴールをプレゼントした」と、コロンビア戦に続く“おこぼれ弾”を献上したことに、厳しい評価を下している。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
清水に打撃、昨季リーグ戦11得点のドウグラスが不整脈で一時帰国
次の記事:
吉田麻也「プレーをやりきることが重要」準々決勝からVAR導入、ベトナムに警戒心
次の記事:
日本代表、3月にコロンビア&ボリビアと親善試合で対戦
次の記事:
広島と鹿島が出場するACLプレーオフのキックオフ時間が決定
次の記事:
大迫復帰。アタッカー陣はベトナムの5バックを攻略し、攻撃を活性化できるか?/アジア杯プレビュー
閉じる