「素を出せるようになった」三竿健斗、日本代表でも発揮し始めた強み

コメント()
©Getty Images
数少ないフル出場となった三竿健斗はアピールに成功か。

徐々に真価を発揮しつつあるMF三竿健斗だが、自身の成長にまだまだ貪欲な姿勢を示している。

三竿はパナマ戦でフル出場を果たし、3-0の勝利に貢献。中盤で力強い守備を見せたが、改善点も口にする。

「守備で入れ替わるシーンが何回かあったんで、そういうのをなくすというか、そこでしっかり奪いきる力強さだったり、駆け引きの部分でもっともっと守備を伸ばしていきたいと思います」

一方で、しっかりとアピールできた自身の強みについてもこのように語る。

「僕はボールを奪って前につけるタイプなので、守備でしっかりとボールを奪えたっていうのが自分の中でリズムを作ることができました。相手がどんな感じで抜いてくるのかっていうのも時間が経つごとにつれて感覚的に分かってきたので、そこで対応できたのが一番大きかったのかなと思います」

ヴァイッド・ハリルホジッチが指揮していた時代でも招集されていた三竿だが、森保ジャパンではより大きな存在感を発揮。当時と今との変化については明かしている。

「代表に慣れてきたというのが大きいし、招集された当時は気をすごく張っていたので、そういうのが少しずつなくなってきて、周りの選手とコミュニケーションを取って自分の素を出せるようになってきたのが大きいのかなと思います」

「Jリーグでは感じられない」と、スピード感やインテンシティについて語った三竿。それでも「楽しかった」と締めくくり、まだまだ成長が止まることはなさそうだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる