米メディアがW杯ラウンド16のベスト11を発表…ネイマール、ムバッペらとともに乾貴士を選出

コメント()
Getty Images
乾のベルギー戦での活躍を高く評価した。

アメリカ『フォックススポーツ』が選出するロシア・ワールドカップラウンド16のベスト11に、日本代表MFの乾貴士が入った。

6月30日から7月3日にかけて行われたワールドカップの決勝トーナメント1回戦。開催国のロシア代表がスペイン代表を破り、日本代表が強豪ベルギー代表を最後まで追い詰めたりと見どころの多い8試合が行われた。

このラウンドを戦った16チームの中から『フォックススポーツ』はベスト11を発表。ベスト8進出を決めたウルグアイ代表とイングランド代表、ブラジル代表、フランス代表から2名ずつが選ばれる中、ベルギー代表戦で名手ティボー・クルトゥワの牙城を破る強烈なミドルシュートを決めた乾が日本代表の中から唯一選出された。

乾の選出理由について同メディアは「今回のワールドカップの驚きの1つで、イヌイはグループステージからの好調さをラウンド16でも維持した。イヌイは脅威を与え続け、ボックス外から素晴らしく、とどろくようなゴールを決めた。日本はその後ゴールを許して敗戦したものの、イヌイは胸を張れるだけのプレーをした」と評価した。

なお、『フォックススポーツ』が選んだベスト11は以下の通り。

GK
イゴール・アキンフェエフ(ロシア)

DF
ハリー・マグワイア(イングランド)
ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ)
ジェリー・ミナ(コロンビア)

MF
ウィリアン(ブラジル)
キーラン・トリッピアー(イングランド)
ヌゴロ・カンテ(フランス)
乾貴士(日本)

FW
ネイマール(ブラジル)
キリアン・ムバッペ(フランス)
エディンソン・カバーニ(ウルグアイ)

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
イングランド代表での時間を楽しむサウスゲート「名誉に思うし、特権的ポジション」
次の記事:
「優勝候補だが期待以下」韓国紙が森保ジャパンを酷評…サウジとは「大きな差はない」
次の記事:
日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…
次の記事:
“難敵”サウジを警戒するも…原口元気は大一番に向けて自信「いつも通り一番良い準備ができた」
次の記事:
「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み
閉じる