米メディアがロシアW杯へ臨む日本代表を解説…攻撃陣の要は本田圭佑?

コメント()
(C)Getty Images
西野朗新監督のもと、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表。米メディア『The Middletown Press』が、ポジションごとにチームを紹介している。

いよいよ間近に迫ったロシア・ワールドカップ。アメリカメディア『The Middletown Press』は、日本代表チームをポジションごとに解説しつつ紹介している。

ロシアW杯開幕2カ月前に、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督を解任するという決断に出たJFA(日本サッカー協会)。新監督に就任した西野朗氏には、大会メンバー発表まで5月30日のガーナ戦しか残されておらず、選手選考まで時間がほぼ残されていない。

そんな中『The Middletown Press』は、ロシアW杯に臨む日本代表をポジションごとに解説し、紹介している。

以下、『The Middletown Press』のポジション別寸評。

●指揮官:63歳の西野は、これまでの10年間でガンバ大阪を2005年にリーグチャンピオンに導き、その3年後には、魅力的で流動的なパスサッカーでAFCチャンピオンズリーグを制した。2015年からは、技術委員長として働いている。

●GK:2010年、2014年大会でプレーした川島永嗣(メス)が、ロシアで正守護神を務める可能性が高い。彼は近年ベルギー、スコットランド、フランスのクラブでプレーしている。西川周作(浦和レッズ)は経験豊富なGKであり、中村航輔(柏レイソル)は3番目の選択肢だ。

●DF:マルセイユDF酒井宏樹は、アジア最高のフルバックの1人だ。左は、長友佑都(ガラタサライ)が務めるだろう。センターバックは吉田麻也(サウサンプトン)に期待したいが、彼のパートナーはまだわからない。

●MF:ブンデスリーガで10年プレーする長谷部誠(フランクフルト)は、威厳と冷静さを持つ中盤のキャプテンだ。DF陣の前でプレーを指示し、パス&ムーブを構築する。隣には、山口蛍(セレッソ大阪)が入ることが多い。

●FW:本田圭佑(パチューカ)はここ2年間代表でゴールはないが、未だ攻撃陣のリーダーは彼だろう。香川真司(ドルトムント)は代表で苦しんでいるが、新監督のもとでチャンスがあるはずだ。また、プレミアリーグ優勝経験のある岡崎慎司(レスター)も、現在のスタメンを脅かすかもしれない。

日本代表はガーナ戦後、8日にスイス代表、12日にパラグアイ代表と親善試合を行い、19日のロシア・ワールドカップ初戦、コロンビア代表戦に臨む。

準備期間が他国に比べ圧倒的に少ない中、西野新監督はどのようなチームを作っていくのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ベルギー代表MFデンベレの中国リーグ移籍合意が発表…ストイコビッチ指揮の広州富力に加入へ
次の記事:
前レアル・マドリー所属のモラタ、アトレティコへの移籍が間近か
次の記事:
森保J、1位通過でイランの山に…2位はいきなり豪州と激突、開催国UAEや韓国と対戦する可能性も
次の記事:
「コウ・イタクラって誰?」マンチェスター・C現地紙が新契約の板倉滉を紹介も…
次の記事:
プレミア他クラブにとっては悪夢? デ・ヘア、今後のキャリア全盛期もマンチェスター・U在籍希望か
閉じる