神頼みが足りず敗退?アルゼンチンに伊メディアが皮肉「法王の招待を受けていれば…」

コメント()
Getty
イタリアメディアは、アルゼンチン代表がローマ法王の招待を辞退べきではなかったと主張している。

ロシア・ワールドカップにおいて決勝トーナメント1回戦でフランスに敗れたアルゼンチンについて、イタリアメディア『スカイスポーツ』が8日、皮肉を述べた。

アルゼンチンはロシアW杯のグループリーグを1勝1敗1分の成績で2位突破し、決勝トーナメントではフランスと対戦。打ち合いの末、3-4で敗退した。世界最高峰のFWリオネル・メッシ擁するアルゼンチンだが、またしてもW杯の頂点を極めることはできなかった。イタリアメディアは、「アルゼンチン…実現しなかったあの祝福」との見出しをつけ、神を味方につけられなかったのではないかと皮肉に論じた。

W杯開幕前の5月、サッカーファンとしても知られるフランシスコ・ローマ法王は、母国アルゼンチン代表を招待。4年に一度のサッカーの祭典へ向けて、代表チームの祝福を申し出ていた。しかし、アルゼンチンサッカー協会(AFA)はイタリア訪問を予定しておらず、ローマ法王の招待を辞退することになった。アルゼンチン代表のローマ法王謁見は、準優勝に終わったブラジル大会の前年の2013年が最後となっており、「アルゼンチン代表の結果を見ると、法王の招待を受け入れていた方が良かったのではないだろうか」と綴っている。

なお準々決勝では、同じく南米を代表するブラジルがベルギーに1-2で敗れ、敗退。ブラジルとはライバル関係にあるアルゼンチン出身のローマ法王だが、広場でブラジル国旗を振るファンに対し、「ブラジルの皆さん、勇気を出して。次の機会は訪れるだろう」と激励の言葉を送っている。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
クルトワに続き、ナバスも負傷で離脱…大一番セビージャ戦でルカ・ジダンが先発か
次の記事:
またしてもプレミアから中国に流出か…アルナウトビッチの広州恒大行きが浮上
次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
次の記事:
香川真司の去就もついに決定?ドルトムントSD、戦力整理について「話を進めているところ」
次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
閉じる