ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

神戸に痛手!主将・ポドルスキが全治約8週間の負傷…治療のため一時帰国

16:28 JST 2018/05/04
lukas.jpg
ヴィッセル神戸がFWルーカス・ポドルスキの負傷を発表した。

ヴィッセル神戸は4日、FWルーカス・ポドルスキが左腓腹筋肉離れのため、全治約8週間の診断を受けたことを発表した。同選手は治療のため一時帰国する。

ポドルスキは、5月2日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第12節のFC東京戦で負傷。神戸市内の病院にて検査を行った結果、左腓腹筋肉離れで全治約8週間と診断された。

今季から主将を務めるポドルスキは、今季はリーグ11試合に出場し、3ゴールをマーク。攻撃の主軸として存在感を放っていた元ドイツ代表FWの離脱は神戸にとって大きな痛手となりそうだ。

4勝4分4敗で8位につける神戸は次節、6日に首位のサンフレッチェ広島とアウェイで対戦する。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ