磐田、山形からFW中山仁斗の獲得を発表「歴史が刻まれたサックスブルーに相応しい選手に」

コメント()
©J.LEAGUE

ジュビロ磐田は9日、モンテディオ山形からFW中山仁斗を完全移籍で獲得することを発表した。

中山は兵庫県出身の26歳。2014年に大阪産業大学からガイナーレ鳥取に加入した。その後、レノファ山口FCを経て2017年に山形に加入。2018シーズンの明治安田生命J2リーグでは、22試合に出場して3得点を記録した。

中山は磐田に対し「皆様にジュビロの歴史が刻まれたサックスブルーに相応しい選手と言っていただけるよう、そしてサポーターの皆様と歓喜の瞬間を迎えられるよう、全力で練習から真摯に取り組んでいきます。よろしくお願いします」と意気込みを語った。

また、古巣の山形に対しては、以下のようにコメントしている。

「モンテディオ山形での2年間、ケガで苦しんだときの皆さんの支え、そしてゴールの喜びを皆さんと分かち合えたことが何よりの思い出です。移籍することになりましたが、山形での経験を糧に次のチームで活躍する姿を山形の皆さんにも見ていただけるように全力を尽くします。2年間ありがとうございました」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
元イングランド代表A・コールが英2部ダービーに加入…元同僚ランパードとPL昇格へ
次の記事:
大迫所属ブレーメン、さらにアジア人選手を狙う?アジア杯視察中のSD「詳細明かせない」
次の記事:
チェルシーやリヴァプールでプレーした元イングランド代表DFグレン・ジョンソンが現役引退 「僕がやってきたことには、とても誇りをもっている」
次の記事:
耐え忍んだサウジ戦をベンチから見た乾貴士「この勝ちは大きいと思う」
次の記事:
塩谷司、準々決勝から導入のVARについて「上手く利用するずる賢さも大事」
閉じる