町田ゼルビア、相馬直樹監督と契約更新…今季J2で4位フィニッシュ

コメント()
(C)J.LEAGUE

FC町田ゼルビアは27日、相馬直樹監督と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。

町田は今シーズンの明治安田生命J2リーグでクラブ史上最高となる4位でフィニッシュ。しかし、J1クラブライセンスを取得できなかったため、昇格プレーオフに参戦することは不可能となっている。

現役時代に日本代表で58キャップを記録した相馬監督は、2010年に当時JFLに所属していた町田の指揮官に就任。その後、川崎フロンターレの監督、モンテディオ山形のヘッドコーチを務めた後、2014年に町田の監督に復帰した。そして、2015年のシーズンでJ2昇格を果たすと、昨シーズンの16位を経て、今シーズンは4位と好結果を残した。

町田はクラブの公式サイトを通じて、「目標としている2020シーズンのJ1挑戦に向け、相馬監督のもと、継続して築いてきたベースをさらに進化させ、強化を続けていきたいとの考えで続投をお願い致しました。2019シーズンは非常に厳しいシーズンとなることが予想されますが、より一層、町田に必要とされるクラブとして上を目指して戦いたいと思います」と、今回の決定について説明した。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
次の記事:
インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」
次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
閉じる