田嶋会長、新監督については「白紙」…西野監督は「任期を全うしたという気持ち」

コメント()
(C)Getty Images
日本代表の監督人事は?

日本サッカー協会(JFA)は5日、ロシア・ワールドカップを終えて帰国した日本代表の記者会見を開催。田嶋幸三会長が次期監督については白紙であることを明かした。

田嶋会長は、W杯が終えても「来月はアジア大会、五輪年代で臨むが、これがスタートする。若い選手に多くのチャンスがある4年間。新たな選手が出てくることを準備したい」とコメント。休む間もなく新たな目標に向けて始動することを強調した。

そのうえで、西野朗監督の後任については以下のように明言している。

「(次期)監督については白紙。技術委員会で話して早い段階で決めたい」

西野監督も「契約が今月末まで。任を受けた瞬間からW杯終了までの気持ちでやってきた。今は、任期を全うしたという気持ちです」と退任する意向を固めた。

これにより、西野朗監督の続投はなく、新監督が就任するものとみられる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
浦和、2019シーズンの背番号を発表…杉本は14番、山中は6番に決定
次の記事:
「サッカー界にとって大損失」チェフの引退発表を恩師モウリーニョが残念がる
次の記事:
52歳でも現役の三浦知良を伊誌が特集「無限のキャリアを歩む元ジェノアFW」
次の記事:
シント=トロイデン、6人目の日本人補強が決定的に…FW木下康介とメディカル後に契約へ
次の記事:
横浜FM、タイ代表DFティーラトンを期限付き移籍で獲得!昨季は神戸でリーグ戦28試合に出場
閉じる