【独占】F・トーレスが約束した日本に与える特大のインパクト「全ての愛に応えていきたい」/インタビューVol.5

コメント()
(C)Goal
フェルナンド・トーレスの『Goal』独占インタビューをお届けする。

サガン鳥栖への電撃加入が決まったフェルナンド・トーレス。“エルニーニョ”(神の子)はなぜ日本を選んだのか? どんな印象を日本に対して抱いているのか? 決断の背景にあった思いとは?

『Goal』は幸運にもF・トーレスに独占インタビューをする機会に恵まれた。そこで今回の移籍劇にまつわる「なぜ」の数々をぶつけることにした。

トーレスが語る真相。そのすべてがここに。

■「日本での暮らしを体験するために行くんじゃない」

――公式発表がされてまだ間もないですが、あなたの移籍を知った日本のファンたちの歓迎と熱狂についてご存知ですか?

10日の火曜日まで秘密にしたかったんだ。大きなインパクトを与えられたんじゃないかな。クラブスタッフが、何が起きるか教えてくれたよ。アジア、特に日本に行くときはいつも、皆がとんでもない愛情をくれるから、大きな期待と熱狂を受けることはわかっていた。でも僕にとってはそれがこのチャレンジに向けて高いモチベーションになるんだ。2年間をただ費やしたり、日本での暮らしを体験するために行くんじゃない。そんなわけがない。日本に着いた最初の日から競争に加わって、チームの目標に向けて力を尽くし、全ての愛に応えていきたいんだ。

――契約は2年間なのですか?

正確には2年半だね。

――フェルナンド・トーレスとはプロフェッショナルであり、全ての挑戦に全力で取り組む人間ですよね。日本には休暇や、最後に高給で気楽な日々を過ごしにいくのではない、ということでしょうか?

そう。そういう選択は別だね。僕は競争的なリーグ、新たな挑戦ができる場所を求めていた。今も100%フットボールについて考えているし、ベストを尽くし、ハードワークに努め、チームプレーをする、どんな時でもチームのためにいる選手でいたいんだ。重要な存在になりたいね。チームメイトやクラブの手本となる存在でいたいんだ。そして、日本を去るときには、僕と日本の思い出すべてが良い言葉だけで語られる、そんな仕事をしたい。それが僕の目標で、ここで達成したいことなんだ。

■背番号への思いと目標

2018_7_14_torres_5_1

――背番号はもちろん“9”でしょうか?

そうだよ!

――それはあなたが望んだのですか?

ああ。もし可能なら「9がいい」って頼んだよ。でも無理ならそれも受け入れるつもりだった。大好きなこの背番号でプレーできることになって、とても嬉しいよ。

――ゴール数など目標はありますか?

いくつか目標はあるよ。なによりゴールが必要だ。試合に勝つためにも、勝ち点を手にするためにもね。僕にゴールが求められているのはわかっている。ただ、今は具体的な数字は言えないよ。まだリーグについてもプレーレベルも、これから知っていくことだからね。他の選手たちは僕よりもずっとフィットしている。ただ僕もできるだけ早く適応して、ゴールを決めて、できるだけ早く目標を達成したい。そして来シーズンは目標ゴール数を決めるかもしれないね。

――最後に、日本のファンに向けてメッセージをお願いします。もしできたら、日本語で……

もちろん! コンニチハ、フェルナンド・トーレスデス。ヨロシクオネガイシマス!

Goal_worldcup_article_banner

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
レアルからドルトムントにレンタル中のアクラフ「ブンデスリーガの方がリーガより戦術的」
次の記事:
日本、強豪サウジアラビアに苦戦も1点リードで後半へ! 冨安健洋が代表初ゴール
次の記事:
混沌する得点王争いにユヴェントス指揮官「C・ロナウドにライバルの刺激は必要ない」
次の記事:
サウジ戦は武藤を1トップ起用!日本代表が先発を発表…右臀部痛の大迫はベンチから
次の記事:
札幌DF横山知伸、昨年末に脳腫瘍の摘出手術を実施…現在は復帰に向けて治療中「必ずピッチに戻ります!」
閉じる