「犬よりPKが下手」と義父にからかわれていたラキティッチ、PK戦でクロアチアを準決勝に導く

コメント()
Getty Images

7日のロシア・ワールドカップ準々決勝、クロアチアは開催国ロシアと2−2で引き分け、PK戦4−3で勝利を収めた。

決勝トーナメント1回戦デンマーク戦に続いて、PK戦で次戦へと勝ち進んだクロアチア。勝負を決める5人目のPKキッカーを務めたのは、デンマーク戦に続いてラキティッチだった。バルセロナMFは大きな重圧がかかる状況をものともせず、冷静にシュートを決め切っている。

じつはラキティッチ、PKに関してはそこまで良い思い出がなく、むしろ苦手意識もあった。セビージャに在籍していた2014年には、スペイン『モビスタール』とのインタビューで、次のようにコメントしていたのだ。

「ラージョ・バジェカーノ戦でPKを外したんだけど、義父が僕の犬と一緒に収まった写真を送られてきた。そして犬の方が自分よりもPKが上手いって言ったんだよ」

それから4年余りが経ち、ラキティッチは“犬よりも下手な”PKでもって、母国クロアチアを準決勝まで導いた。情熱的なスペイン・アンダルシア出身の妻、ラケル・マウリさんの父親も、この活躍にはきっと舌を巻いていることだろう。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
長友佑都の独特な練習方法に伊紙も興味津々「ナガトモ、何てトレーニングなんだ?」
次の記事:
主力の離脱が相次ぐトッテナムに大打撃…ハムストリングス負傷でデレ・アリが3月まで欠場
次の記事:
長崎、横浜FMからGK鈴木彩貴の加入を発表「J1昇格に向けて全力を尽くします!」
次の記事:
モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」
次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
閉じる