湘南がベスメン規定違反で制裁金600万円…ルヴァン杯鳥栖戦でA契約選手を4名しか起用せず

コメント (0)
shonan.jpg
©J.LEAGUE
Jリーグ規約第42条に定められている「最強のチームによる試合参加」の補足基準を満たしていなかったことを発表。けん責と制裁金を下すことを決定した。

Jリーグは12日、4月18日にベストアメニティスタジアムで開催されたJリーグYBCルヴァンカップ第4節のサガン鳥栖vs湘南ベルマーレで、湘南がJリーグ規約第42条に定められている「最強のチームによる試合参加」の補足基準を満たしていなかったことを発表。けん責と制裁金600万円の処分を決定した。

Jリーグ規約第42条及びその補足基準で定められる「J1リーグ戦およびリーグカップ戦における先発メンバー11人は、プロA契約選手または外国籍選手を合計6名以上含まなければならない。ただし、アマチュア選手、プロB契約選手およびプロC契約選手は、当該外国籍選手に含まない」に対し、湘南は、当該試合における先発メンバーに対象選手が4名しか含めていなかった。

Jリーグ村井満チェアマンはこれを受けて裁定委員会に諮問し、湘南へ制裁を下すことを決定。制裁の理由についてJリーグは以下のように発表している。

「過去にも他クラブにて同様の違反があった際、再三にわたり各クラブに対し注意喚起しているにも関わらず、クラブ職員による先発メンバーの基準該当の有無の確認措置を採らず、今回のような事態となったことは非常に遺憾であり、湘南ベルマーレの責任は看過できない」

「一方で、Jリーグはルヴァンカップを若手選手の出場機会創出と捉え、2017シーズンより、21歳以下選手を1名以上先発出場させるレギュレーションを新設し、2018シーズンも継続している。その状況下、 湘南ベルマーレは、積極的に若手選手を育成すべく、本試合において21歳以下の選手3名を先発(3名を控え選手)としてベンチ入りさせたことで結果的に第42条補足基準を満たすことができなかったが、若手選手を積極起用しようとした同クラブの方針は酌量すべき事情と考える」

「上記より、過去の違反事例に倣えば1,000万円を相当とするところ、過去の事例以後に上記に記載の方針が打ち出され、湘南ベルマーレがその方針を遵守しようとする余り、本件違反にいたった事情を考慮して600万円の制裁金を科すのが相当と考える」

また、湘南の水谷尚人代表取締役社長は、今回の制裁について「この度は、ヤマザキビスケット株式会社様はじめ、サポーターの皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした。Jリーグの若い選手をもっと育てていくという意向に深く、強く共感している中、一方で守らねばならない規約の理解、確認において至らぬ点があり、間違いを犯してしまいました。今後同じ間違いを起こさぬようにクラブ一同、襟を正して日々の仕事に取り組みます。今後ともご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします」と謝罪の声明を発表している。

なお、水谷社長は1カ月の減給処分(月給の5%)、眞壁潔代表取締役会長は水谷社長と同額を一般社団法人Ring Smileに寄付することとなった。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる