海外組投入で追加点。森保監督は主力とサブ組の実力差をどう捉えるか?

コメント()
©Getty Images
「差があるのは普通のこと」

日本代表を率いる森保一監督がキルギス戦での後半の選手交代について、試合後の記者会見で言及している。

日本は20日、キリンチャレンジカップ2018でキルギスと対戦し、4-0で快勝。前半に2点を先取したが、後半に入ると試合はやや膠着し、大迫勇也や堂安律、柴崎岳ら主力選手を投入した直後に追加点が生まれた。

大迫や中島翔哉らが別格の働きを見せただけに、先発した選手たちとの差が感じられたともとれた一戦。会見でそういった力の差に関する質問が飛ぶと、森保監督は交代によって生まれた効果を説明した。

「力の差がどれだけあるかは置いといて、途中出場の選手が流れを良くする、試合を決める、締める、落ち着かせる、勢いづかせるという部分で活性化してくれた。これからの試合でも途中出場の選手がしっかりと役割を果たすことができればいいと思います」

「すべて同じレベルの選手ではないので、まだまだ経験が足りない選手に関しては、これから伸びしろがある選手ということで、これからの可能性を見て招集している。まだ実力的には足りない部分がある選手でも、日本代表の経験を通して、試合をして気づいてもらったところを自チームに戻ってレベルアップしてくれることがさらなるレベルアップにつながります。力の差があるにしても、現段階では当たり前というか、普通のことかなと思います。経験の浅い選手は、実力の差がある選手がピッチに立つことでまた、相乗効果もあって、融合できると思う。これからのチャンスがあれば続けていきたい」

成長のために招集していると明言した森保監督。海外組にも負けない力を示す選手たちがこれから現れるか、注目していきたいところだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
主力流出のC大阪、マテイ・ヨニッチの契約更新と丸岡満の復帰を発表
次の記事:
ビジャに続く大型補強!神戸がC大阪より山口蛍の完全移籍加入を発表「簡単な決断ではなかった」
次の記事:
なぜ家長昭博はJリーグMVPを受賞できたのか。数字以上に高かったチームへの貢献度
次の記事:
ユーヴェはC・ロナウドとイカルディの2トップを検討していた…イカルディ妻が告白
次の記事:
鹿島に勝機あり…レアルの“ネームバリュー”を恐れるな。番記者が明かす白い巨人の倒し方
閉じる