海外紙、ルカクとデ・ブライネを放出したチェルシーに言及「モウリーニョが辛抱強かったら…」

コメント()
©Getty Images
ジョゼ・モウリーニョの選択は間違っていたのか?

ベルギー代表が32年ぶりのW杯ベスト4進出を決めた。『マルカ』コロンビア版は、躍進を遂げる“レッドデビルズ”で欠かせない存在となったエデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネ、ロメル・ルカクの“三銃士”全員がチェルシーに所属していた点を挙げ、当時指揮官だったジョゼ・モウリーニョの選択について言及した。

エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネ、ロメル・ルカクの“三銃士”はかつてチェルシーでともにプレー。しかし、当時チェルシーを率いていたモウリーニョ監督は、18歳のルカクに十分な出場機会を与えることなく、その後ウェスト・ブロムウィッチやエヴァートンに貸し出した。

デ・ブライネもベルギーから鳴り物入りで加入したものの、モウリーニョとの間に溝が生じてレギュラーに定着できず。ブレーメンへのレンタルを経て2014年にヴォルフスブルクへ移籍した。唯一、チェルシーに残ったアザールは現在もブルーズのキーマンとして活躍している。

『マルカ』コロンビア版は「もし、ジョゼ・モウリーニョが辛抱強く彼らを起用していたら…チェルシーに何が起こっていたのか、ブルーズのファンは想像していることだろう」とし、「このトリオはワールドカップでの活躍で、世界で最も人気のあるサッカー選手の3人になるための価値を倍増させた」と今大会での活躍ぶりを評価した一方で、ベルギートリオの目覚ましい成長と対照的に、モウリーニョに“先見の明”がなかったことを指摘している。

“たられば”の話ではあるが、もしこのベルギートリオがチェルシーでともにプレーしていたら、彼らはどんなキャリアになっていたのだろうか。ルカクはエヴァートンで成長し、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍し、再びモウリーニョの下でプレーしている。デ・ブライネはヴォルフスブルクで年間最優秀選手に輝き、ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティへ加入した。

そういった点を加味すると、今の彼らの強さがあるのは、当時モウリーニョが率いていたチェルシーを出たという要因もあるのかもしれない。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
「コウ・イタクラって誰?」マンチェスター・C現地紙が新契約の板倉滉を紹介も…
次の記事:
プレミア他クラブにとっては悪夢? デ・ヘア、今後のキャリア全盛期もマンチェスター・U在籍希望か
次の記事:
乾、北川…求められる控え組の爆発。1位突破を懸けたウズベク戦で停滞感を打破できるか?
次の記事:
「皆めっちゃディスってきますが…」 UAEでの苦労から成長を語る塩谷司。真夏の熱湯シャワー、冷房故障…
次の記事:
原口元気、左サイドでコンビを組む長友との連携面は…「感覚的な部分ですり合わせが必要」
閉じる