浦和DF槙野智章、ドローも無失点に胸張る「ゴールだけがサッカーの楽しさじゃない」

コメント()
(C) J.LEAGUE
浦和レッズのDF槙野智章が、堅守で無失点に抑えたゲームに胸を張った。

「今日来ていた子供たちに、ゴールを取る選手にスポットライトが当たることだけがサッカーの楽しさじゃない、というのを見せられたかな」

19日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節・ガンバ大阪対浦和レッズは、0-0の引き分け。浦和のDF槙野智章は、攻め込みながらのスコアレスドローという悔しい結果にも、そう言ってポジティブな要素を挙げた。

両GKに再三の好セーブが飛び出し、DF陣も体を張って守り抜いた。槙野は「もちろん、スタジアムへ来た方はゴールを期待していたと思います」としつつも、「両チームのDF、GKも含めて、非常に激しいプレー、体を張ったプレーでゴールをこじ開けさせなかった。そういう面白さもある試合だった」と胸を張る。

また前日には、30日に行われるキリンチャレンジカップ・ガーナ代表戦に向けた日本代表メンバーの発表があった。槙野も代表メンバーに名を連ねたが、「選ばれたからといって気負いすることなく、チームが勝つために一生懸命プレーしました」と、目の前の勝利だけを目指していた。

「これから代表のことを意識して、頭を切り替えなくてはいけない。国民の皆さんにいい結果を見せられたら」と抱負を語り、自身初のW杯出場が手の届く位置にまで来ていることについては「つかみかけているものを、こぼさないように。やるべきことは、まだまだある。しっかりつかみ取りたい」と闘志を燃やしていた。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる