沈黙のスアレス、フランス戦エリア内タッチ数は「0」…W杯では自身初

コメント()
Getty Images
ウルグアイは、ロシア・ワールドカップ準々決勝でフランス相手に0-2と敗れた。この試合に先発したルイス・スアレスだったが、フランス守備陣に完璧に抑え込まれてしまったようだ。

ウルグアイは、ロシア・ワールドカップ準々決勝でフランス相手に0-2と敗れた。この試合に先発したルイス・スアレスだったが、フランス守備陣に完璧に抑え込まれてしまったようだ。

ベスト4入りを懸けて激突したウルグアイとフランス。エディソン・カバーニを欠くウルグアイは、なかなか攻撃の形を作ることができず。フランス2ゴールを許し、反撃できずに敗れた。

ここまで2ゴール1アシストを記録していたスアレスだったが、この試合では沈黙。1本もシュートを放つことができなかった。

データサイト『Opta』によると、スアレスはこの試合で相手ボックス内で一度もボールを触れなかったという。これはW杯13試合で初のことのようだ。また、シュート0本に終わったのはW杯で2回目のこと。前回は、2010年のフランス戦であるという。

フランス守備陣に完璧に抑え込まれてしまったスアレス。68年ぶりの優勝を目指したウルグアイの挑戦は、準々決勝で幕を閉じた。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
浦和、2019シーズンの背番号を発表…杉本は14番、山中は6番に決定
次の記事:
「サッカー界にとって大損失」チェフの引退発表を恩師モウリーニョが残念がる
次の記事:
52歳でも現役の三浦知良を伊誌が特集「無限のキャリアを歩む元ジェノアFW」
次の記事:
シント=トロイデン、6人目の日本人補強が決定的に…FW木下康介とメディカル後に契約へ
次の記事:
横浜FM、タイ代表DFティーラトンを期限付き移籍で獲得!昨季は神戸でリーグ戦28試合に出場
閉じる